映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』が快挙!!モナコ国際映画祭4冠達成!

2月21日~24日に行われた「モナコ国際映画祭」(モナコ公国・モンテカルロ)にて、公式選出作品としてノミネートを果たしていた『心霊喫茶「エクストラ」の秘密The Real Exorcist』(5月15日公開)が、輝かしい快挙を成し遂げました!

本映画祭の最高賞にあたる「最優秀作品賞(エンジェル・トロフィー賞)」を見事に受賞!

さらには「最優秀主演女優賞(千眼美子)」、「最優秀助演女優賞(希島凛)」、「最優秀VFX 賞」の4冠を達成!

23日(日本時間・24日)に行われた授賞式には、国際映画祭に参加するのが初めてとなる主演の千眼美子も出席し、輝くトロフィーを持ちながら、主演を務めた作品が成し遂げた偉業に涙をにじませました。

そのモナコ国際映画祭での一部始終を収めた動画が現地から届きました!

映画祭初日には本作のワールド・プレミア上映が会場にて行われ、映画を観た現地の参加者からは、
「スピリチュアルでとっても好きな映画。主役の女優の演技が素晴らしく説得力があった。」
「とても面白い映画だった。映画に込められたメッセージと人間性と精神性がうまく統合されていて、一つの映画を見ただけでいろんな感情がかけめぐったよ。」
と絶賛の声が。

動画では授賞式で本作が受賞した瞬間の場面も公開!会場からの鳴り止まない拍手の中、千眼はステージに登壇し、その喜びを英語で語りました。

和服で授賞式に参加した千眼美子
和服で授賞式に参加した千眼美子
最優秀作品に贈られたトロフィー
最優秀作品に贈られたトロフィー

〇千眼美子コメント(受賞時)

この映画祭は私にとって初めての映画祭になります。偉大な人たちや偉大な脚本と映画とともにあることができて私は幸運です。私はいま25歳なのですが、この映画祭のことは一生忘れません。

千眼と同じく現地に赴き、映画祭に参加した小田正鏡(しょうきょう)監督と濱田勇作プロデューサー、その知らせを日本で聞いた最優秀助演女優賞を受賞の希島凛、仕上げ作業(編集・音響・VFX 等)を担当した監督補 三觜智大からもコメントが届きました。

左から小田正鏡監督、千眼美子、濱田勇作プロデューサー
左から小田正鏡監督、千眼美子、濱田勇作プロデューサー

〇小田正鏡監督

モナコ国際映画祭の最高賞、エンジェル・トロフィー賞を受賞することができました。審査員からは、「この映画祭にエンジェル・フィルム・アワードと名前がついているのは、映画で世界を幸せに導きたいから。この映画はまさにこの映画祭にぴったり。世界中の人が必要としている映画」というありがたい感想を頂きました。世界中の人びとに見ていただき、世界中の人に幸福になっていただきたいと思います。

〇濱田勇作プロデューサー

非暴力、愛、平和、ポジティブエナジーというモナコ国際映画祭が大切にしている価値観に一番合っていた証として最優秀賞を頂き非常に光栄です。また、主演の千眼美子、助演の希島凛の演技、そしてVFXも、上映会後、観客の皆様から多くの反響をいただき、見事、受賞できました。

〇希島凛

今回受賞の知らせを聞き、嬉しさと、撮影を通してずっと支えて下さった沢山の方々への感謝の思いで胸がいっぱいになりました。これからも覚悟と信念を持って、誰かの心に寄り添える人間でありたいと思っています。本当にありがとうございました。

〇三觜智大 監督補

大変光栄な結果、嬉しく思います。主演女優賞に助演女優賞にVFX 賞、しかしこの作品はそれだけにはあらず。素晴らしい音響、編集、撮影、その源にある原作に脚本、メッセージ…すべての要素が「最優秀作品賞」につながったのでしょう。小田組のみなさんにあっぱれ!そして千眼さん、授賞式まことに素敵でした。

希島凛(最優秀助演女優賞受賞)
希島凛(最優秀助演女優賞受賞)

最優秀主演女優賞も受賞し、海外でも演技力を認められた千眼美子。世界も認めた彼女が演じる「エクソシスト」の姿に今から期待が膨らむばかりです!

<モナコ国際映画祭とは>

モナコ国際映画祭は、2003年から毎年開催されているインディペンデントの国際映画祭。“愛”、“平和”、“一体感”といったテーマ性に特色がある。本年、出品された映画の本数は、全700作品。その中で、本作含む18作品(うち長編は6本)が公式選出作品としてノミネートされ、映画祭期間中に上映が行われた。過去には、高杉真宙が主演を務めた映画『笑顔の向こうに』(19年)も当映画祭にて最優秀作品賞の受賞を果たしている。

「第53回・ヒューストン国際映画祭」長編ファンタジー・ホラー部門“Gold賞”も受賞! 「第53回・ヒューストン国際映画祭」長編ファンタジー・ホラー部門“Gold賞”も受賞!

「憑依」「ポルターガイスト」「自殺霊」「地縛霊」……誰もが経験しうる心霊現象の謎を解き明かし、人生の幸不幸を引き寄せる「心の法則」、悪霊に取り憑かれないための方法、そして悪魔との対決までを描きだす“リアル・エクソシスト”映画が誕生しました。大川隆法製作総指揮・原作の最新作では、長年の霊的体験やスピリチュアルな検証に裏付けられた驚くべきストーリーが展開。脚本は『世界から希望が消えたなら。』(2019/実写)を手がけた大川咲也加。主人公のサユリを演じるのは、同作での好演が記憶に新しい千眼美子。フィクションや想像を超えた「真実の悪魔祓い」が描かれます。

特報

主題歌「The Real Exorcist」

イメージソング「秘密の変身」


幸福の科学一部施設でも特別試写を実施しております。
お近くの劇場が休業中、または最寄りがない場合は下記までお問い合わせください。

幸福の科学 サービスセンター

TEL:03‐5793‐1727
【火~金】10~20時
【土日祝】10~18時(月曜を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

これまでに8カ国で35の映画賞を受賞していた映画『世界から希望が消えたなら。』(“Immortal Hero”)が、新たに、イギリスの「ロンドン・インディペンデント映画賞」にて、2020年1月度「長編外国語作品賞」に輝きました。これをもって、本作の映画賞受賞は8カ国36冠となりました!

また、イタリアのローマで開催される「ヒーロー国際映画フェスティバル」において、本作が公式選出作品となり上映会が行われることも決定しました。

幸福の科学では、大川隆法総裁による製作総指揮・原作・企画のもと、数多くの実写やアニメ、ドキュメンタリー映画の製作を行っています。どの作品も、人類の理想や進むべき方向性、真実の人生観、宗教性などが描かれており、世界中の人々に数多くのメッセージを発信しています。

1994年 『ノストラダムス戦慄の啓示』(実写)
1997年 『ヘルメス―愛は風の如く』(アニメ)
2000年 『太陽の法』(アニメ)
2003年 『黄金の法』 (アニメ)
2006年 『永遠の法』 (アニメ)
2009年 『仏陀再誕』(アニメ)
2012年 『ファイナル・ジャッジメント』(実写)
2012年 『神秘の法』 (アニメ)
2015年 『UFO学園の秘密』 (アニメ)
2016年 『天使に"アイム・ファイン"』(実写)
2017年 『君のまなざし』(実写)
2018年 『心に寄り添う。』 (実写)
2018年 『宇宙の法―黎明編―』 (アニメ)
2019年 『僕の彼女は魔法使い』 (実写)
2019年8月 『光り合う生命。―心に寄り添う。2―』 (実写)
2019年10月 『世界から希望が消えたなら。』 (実写)
2020年5月 『心霊喫茶「エクストラ」の秘密─The Real Exorcist─』 (実写)
2020年秋 『夜明けを信じて。』 (実写)

PICK UP

幸福の科学グループ紹介動画 2020
幸福の科学グループ紹介
『鋼鉄の法 ―人生をしなやかに、力強く生きる―』PR映像
『鋼鉄の法―人生をしなやかに、力強く生きる―』
映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』予告編【5月15日(金)ロードショー!】
映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』【2020年5月15日公開】