大川隆法 立宗記念講演会「降魔の本道」(10/4 聖地 エル・カンターレ生誕館)のご案内

2020.09.17

10月4日(日)、聖地 エル・カンターレ生誕館(徳島県吉野川市)にて大川隆法総裁による講演会を開催することが決定しました。
本講演は、全国の精舎・支部・拠点に中継されます。
中継会場への参加をご希望の方は、事前に参加希望の各中継会場 へお問い合わせください。

開催概要

〈演題〉 「降魔の本道」

(※タイトルは変更になることもございます)

〈日時〉 2020年10月4日(日) 11:00(予定)

〈本会場〉 聖地 エル・カンターレ生誕館

〈中継会場〉全国の幸福の科学の支部・精舎・拠点

※ 中継会場での参加をご希望の方は、事前に参加希望の幸福の科学へお問い合わせください。

本会場となる聖地 エル・カンターレ生誕館
本会場となる聖地 エル・カンターレ生誕館


お問い合わせについて

本会場となる聖地 エル・カンターレ生誕館の参加は、完全予約制となっております。
ご予約や最寄りの中継会場についてのお問い合わせ等は、お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

●お問い合わせフォームはこちら

●お電話でのお問い合わせは 幸福の科学サービスセンターへ
03-5793-1727
受付時間【火~金】10時~20時【土日祝】10時~18時

本会場・中継会場では、衛生・安全面での配慮を行って開催しております。状況によっては、人数制限を行う場合や、予定が変更される場合もございますので、ご理解の程、宜しくお願い致します。

大川隆法 講演会の魅力

大川隆法総裁は、1986年に行った最初の説法以来、情熱的に教えを説き続けており、数多くの英語説法を含め、その数はすでに3,200回を超えています。 日本はもとより、北米、南米、ユーラシア、オーストラリア、アフリカと、世界五大陸すべてで講演を行い、民族や宗教の違いを超えた普遍的な価値を説くワールド・ティーチャーとして世界中の人々にメッセージを発信し続けています。 その教えは、宗教の枠を超え、政治、経済、国際問題等にも及び、日本国内のみならず、諸外国にも大きな影響を与えています。

過去の大講演会の様子

立宗記念日について

1986年10月6日、大川隆法総裁は西荻窪に六畳一間の事務所を設け、「幸福の科学」を設立しました。
たった六畳一間の事務所からはじまった幸福の科学は、34回目の立宗記念日を迎えます。

立宗の3ヵ月後、幸福の科学の正会員の入会願書制度がスタートし、大川隆法総裁による「入会の心得」が掲げられました。その中では、幸福の科学の目的について「人間としての幸福、即ち私的幸福と、社会全体の幸福、即ち公的幸福の両者を、あらゆる角度から探究し、恒久ユートピアの建設を目指すこととする。」と説かれています。

幸福の科学は、「すべての人を救い、幸福にしたい」という強い決意のもと、幸福実現党や幸福の科学学園、HSU、芸能・文化事業ほか、様々なグループ事業を展開してきました。その教えは、国内のみならず、世界110カ国以上に広がっています。

大川総裁の法話は、3200回を超えました。
立宗記念式典では、幸福の科学をつくられたことへの感謝を捧げます。