知っていますか?正しい供養の方法

お盆には先祖供養が盛んに行われますが、間違った供養は障り(さわり)が起きる原因となることもあります。
この記事では、先祖や故人に神仏の光を正しく手向けるための「供養のポイント」をご紹介します。

〈ポイント1〉供養は、先祖への感謝の心で行いましょう

「先祖供養さえすれば幸せになれる」と思って、供養をしていませんか?
実は、「自分の不幸は先祖のせいだ」と思う心が、かえって悪い霊を引き寄せてしまうことがあります。
供養は、先祖への感謝の心で行うことが大切です。

〈ポイント2〉供養をする側も正しい教えを学び、徳ある生き方をしましょう

遺された家族や子孫が仏法真理(正しい心の教え)を学んで心を正し、世のため、人のために、立派な生き方をしていると、その姿を見た先祖が正しい生き方に気づくこともあります。
子孫が皆、仲良く幸せに徳ある人生を歩むことで、先祖に光を手向けることができるのです。

〈ポイント3〉供養は幸福の科学の供養大祭が安心です

家庭で頻繁に先祖供養に励むと、成仏していない霊が、「ここに来れば供養してもらえそうだ」と寄ってきて、障りを起こすことがあります。
先祖供養は、幸福の科学の 精舎 支部 において、心の修行を積んだプロの宗教家のもとで行うことをおすすめします。