大川咲也加 副理事長

大川咲也加(おおかわ さやか)

幸福の科学副理事長 兼 総裁室長。

Srj.jpg

1991年、東京都生まれ。大川隆法総裁の長女。豊島岡女子学園中学校・高等学校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。著書に、『わかりやすく読む「留魂録」』『新・神国日本の精神』『子供たちの夢、母の願い』『スピリチュアル古事記入門(上・下)』『大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編~(上・中・下)』『娘から見た大川隆法』『小説 世界から希望が消えたなら。』(大川隆法原案)、絵本『マメだぬきの大さくせん』『成功者の町』『おひさま ポカポカ』『ありがとう』「世界の名作シリーズ」等が、編著に、『ただいま0歳、心の対話』(大川隆法監修、大川隆一協力)が、大川総裁との共著に、『幸福の科学の後継者像について』『心と政治と宗教』等が、大川直樹との共著に、『夫婦の心得』(いずれも幸福の科学出版刊)があり、発刊点数は50書を超える。映画「世界から希望が消えたなら。」(製作総指揮・原案 大川隆法/2019年10月公開)では脚本を担当し、フローレンス映画賞(イタリア)2019年7月度脚本賞、ザ・サウス映画芸術祭(チリ)2019年8月度長編部門名誉脚本賞を受賞。映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』(製作総指揮・原案 大川隆法/2020年初夏公開予定)でも脚本を担当。「大川隆法オリジナルソングス」の「HIKARI」では作曲・歌唱、「Hold On」「もう一度だけ」「The Real Exorcist」では編曲・歌唱を担当した。

主な著書

絵本・児童書

主な編著・共著 等

CD・DVD

講話

主な対談

受賞歴

映画「世界から希望が消えたなら。」(脚本)

フローレンス映画賞2019(イタリア) 7月度 脚本賞受賞
ザ・サウス映画芸術祭2019(チリ)8月度 長編部門 名誉脚本賞受賞
脚本家 大川咲也加が語る 映画『世界から希望が消えたなら。』に込めた思い
2019/09/24

脚本家 大川咲也加が語る 映画『世界から希望が消えたなら。』に込めた思い

映画『世界から希望が消えたなら。』 は、日本での公開に先駆けて、すでに「マドリード国際映画祭 2019」の外国語映画部門 最優秀監督賞をはじめ海外6カ国の映画祭で22の賞を受賞し、「サンディエゴ国際映...