誠実であること―大川隆法総裁 心の指針218―

(最終更新:

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の布教誌月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

月刊誌で心の指針を読みたい方は、月刊「幸福の科学」2023年2月号でもご覧いただけます。

今月のテーマは「誠実さ」です。自分に誠実になるとはどういうことか、他の人に誠実になるにはどう生きるべきか、大切なチェックポイントが示されました。
別格本山・聖地エル・カンターレ生誕館の近藤彰館長に、本指針からの学びを伺いました。

近藤彰(こんどう あきら)

四国本部聖務担当理事 兼 別格本山・聖地エル・カンターレ生誕館 館長

1982年徳島県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。2005年幸福の科学に奉職。支部長等を歴任し、14年11月より現職。

「神仏が自分を観ている」

今月賜った指針から、「誠実であること」の大切さと実践の難しさを、改めて感じました。

しかし、今の教育や社会の風潮を考えると、「誠実に生きる」ことの価値自体を感じない人も増えているように思います。

社会性や道徳的な観点から「誠実さが大事」と言われることはありますが、「誠実さ」の本当の意味は、やはり「神仏が自分を観ている」という宗教心や信仰心があってこそ、理解できるのではないでしょうか。

本指針で「誠実であることは、本能に忠実に生きるということではない」と説かれていますが、「肉体が自分だ」と思っていると、肉体から生じる煩悩や私欲に"忠実"になってしまいます。

ですから、大川隆法総裁が説かれる仏法真理を学び、「人間の本質は心である」ということを、まず信じることが大切です。

そして自分の内の、神仏とつながる純粋な心をしっかりつかんで生きることができたら、それが本当に幸せなことであると思うのです。

小説で学べる誠実さの模範

「誠実さ」は、日々の反省を続けていないと"埋もれていく感じ"がします。

また、自分を客観視するのは難しく、むしろ周りの人にはよく見えるものです。

仕事においても、結果への焦りや欲が出ると、人の気持ちが見えなくなりがちですが、私もそれで言葉が強くなって反発を招いてしまい、深く反省したことがありました。

やはり、物事は多くの人の支持を得て初めて進んでいきますし、自分と違う意見にも誠実に耳を傾け、理解を深めていくことが、遠回りに見えても大切にすべき努力だと感じています。

「誠実であること」を実践するのは難しいですが、そのお手本になる人物が、大川隆法総裁の小説「鏡川竜二シリーズ」の主人公です。

竜二の、他の人を深く理解しようとする姿や、正直さを貫く姿勢から、学ぶべきことがたくさんあります。

竜二の姿を一つの模範として学びながら、皆さまと共に、精進を重ねていきたいと思っております。

「誠実な心」を発見する、「『永遠の法灯』特別公案研修」と「聖地巡礼」

別格本山・聖地エル・カンターレ生誕館

「『誠実さ』を目指す方にお勧めしたいのが、『「永遠の法灯」特別公案研修』です。偽物の心を取り去って、本当の自分を発見します。また、鏡川竜二シリーズに記された主の足跡を辿る『聖地巡礼』では、若き日の主に思いを馳せ、純粋な信仰が深まります。ぜひ、ご参加ください」(近藤館長)

\別格本山・聖地エル・カンターレ生誕館へのアクセスはこちら/

本内容は、月刊「幸福の科学」第432号より転載し、編集を加えたものです。

大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、郵送にて最新号をお届けします。ぜひご利用ください!

関連動画

開かれた社会―大川隆法総裁 心の指針234―

開かれた社会―大川隆法総裁 心の指針234―

現代の知識人には、霊魂や霊界の存在を伝える、哲学者プラトンが、人間を迷信の殻に閉じ込める暴君に、見えてしかたないらしい。また、プラトンとともに、神への体系を築こうとする哲学者ヘーゲルも、全体主義に見え...

悟りの奥義―大川隆法総裁 心の指針233―

悟りの奥義―大川隆法総裁 心の指針233―

ある人が、「悟りの奥義」を教えてほしいと、夢の中で訊ねてきた。それが判らないから、仏教学も、哲学も、二千五百年間、ガラクタの山を築いてきたのに。

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

どうやったら、人の仕事能力が測れるのか。結構、難しい問題だ。

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様も実は困っているのだ。貴族制を維持すると、怠け者が増え、堕落する者が満ち、「色」「金」「欲」で、この世に執着する者が増える。

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

若い頃は、他人と自分とを比べて、その違いに苦しむことが多かった。たいていは、他人が優れてみえて、自分の劣ったところばかり気にしたものだ。

PICK UP

『小説 揺らぎ』大川隆法書き下ろし小説
『小説 とっちめてやらなくちゃ-タイム・トラベラー「宇高美佐の手記」』大川隆法書き下ろし小説
『十年目の君・十年目の恋』(作詞・作曲:大川隆法)