特集

「心の指針」は、大川総裁による書き下ろしの詩篇です。幸福の科学の機関誌 月刊「幸福の科学」で連載されています。

人は誰しも、その時代、その環境でしか学べないことを経験するために、天国からこの世に生まれてきます。そして、この世での人生を終えれば、肉体を捨て、魂となってあの世へと旅立ちます。幸福の科学では、こうした真実に基づく「よりよい生き方」を探究しています。

「心が変わると、人生が変わる」。この奇跡が臨むキーワードは、私たち一人ひとりの「信じる心」です。幸福の科学で毎日のように起きている、"幸せをつかんだ感動の実話"の数々をご紹介します。

幸福の科学の会員信者や職員へのインタビュー。幸福の科学に入会した感想や、幸福の科学でどんな活動をしているかについてお話をうかがいました。

幸福の科学では、その草創期より「宇宙」や「宇宙人」についての教えが説かれ、1986年に大川隆法総裁によって書き下ろされた『太陽の法』(1987年初版)には、「地球で生まれた人霊と、宇宙の他の星から招来され、肉体で来た者や魂で来た者などによって、地球人類ができてきた」という、「創世記」に当たる部分が記されています。「宇宙の法」は、すべての宇宙や生きとし生けるものの生命創造の秘密を解き明かすとともに、私たちがなぜ生まれてきたのか、地球人として生きる根源の意味にも迫るものです。

PICK UP

幸福の科学グループ紹介
「世界から希望が消えたなら。」【10月18日全国ロードショー】