人間が動物に生まれ変わることもあるの?【霊的世界のほんとうの話】

Q. 人間が動物に生まれ変わることはありますか?

A.犬や猫などの一部には、過去に人間だったものもいます。

原則、人間は人間に生まれ変わる

人間が動物に~

修行のために、一時期、動物の肉体に宿ることも可能ではあります。しかし、その場合でも、人間にごく近い、犬や猫といった高等動物にしか宿りません。それも一年か二年という短い期間だけです。それは、人間として生まれることのありがたさを感じさせるために行われることなのです。彼らは、動物に生まれ変わっても、その間、人間的感覚を保有しているため、「生」そのものが非常に惨めになります。しかし、それを通り越したときに、「人間であるということは、これほどありがたいものか」ということを感じることになるのです。
しかし、人間が動物に生まれ変わるのは、あくまでも例外中の例外であり、一般的には、人間は人間として生まれ変わると言ってよいでしょう。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part2-Chapter1「この世に、どうやって生まれてくるのか」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

PICK UP

幸福の科学グループ紹介
「世界から希望が消えたなら。」【10月18日全国ロードショー】