このたび、テレビ、映画等で活躍し、日本を代表する若手女優の一人である女優・タレントの清水富美加氏(22歳)が、当教団に出家することになりました。

清水氏は、熱心な信者であり、子供のころから折々に大川隆法総裁の御法話拝聴会などの宗教行事には参加し、宗教的価値観のもと、「見て下さる方に元気や励ましを届けたい」という利他愛他の思いで芸能活動に打ち込んでこられました。しかし、人道的映画に出たいという強い希望を持っていたにも関わらず、最近は、人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていました。仕事を選択する自由も無い、一種の“苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついには心身の不調をきたすまでになりました。この2月には、医師による診断の結果、ドクターストップがかかり、現在は芸能活動を中断しています。

こうした動きと相前後して、同氏の「守護霊霊言」が収録公開され、『女優 清水富美加の可能性 守護霊インタビュー』として刊行されました。この収録・発刊をきっかけに清水氏は、自らの天命が「暗黒の海を照らす灯台の光となり、一人でも多くの人を救済していく」ことにあると確信し、「魂の救済のために24時間を捧げる」宗教者となるべく、出家を決意されるに到り、当教団としても宗教上の緊急救済の観点から受け入れを決めた次第です。体調が回復しだい、宗教活動に参画してまいります。どうか温かい目で見守っていただければ幸いです。

2017年2月12日
幸福の科学グループ 広報局

清水富美加氏の直筆メッセージ
(清水富美加氏の直筆メッセージ)

関連リンク

清水富美加さん告白本 こんなに早く出せるのはなぜ? インタビュー翌日発刊はノーマル(ザ・リバティweb)
清水富美加さんがレプロ問題で告白本を出版 – 自殺未遂を繰り返した事実を赤裸々に(ザ・リバティweb)
「芸能人の労働環境を糺す会」が発足 清水富美加さん契約問題にも注目(ザ・リバティweb)

幸福の科学が「レプロ声明に対するコメント」を発表 レプロ側の抑圧的体質を指摘(ザ・リバティweb)
清水富美加さんが宣言した、幸福の科学の「出家」って何?(ザ・リバティweb)
清水富美加さん、芸能活動 引退ではない – 幸福の科学に出家した理由(ザ・リバティweb)
清水富美加さんに見る「奴隷的な契約」 一般社会では通用しない「常識」(ザ・リバティweb)