誰があの世での行き先を決めるのか

「私は、この世にさよならした後、どうなるのか。もし、天国・地獄があるなら、天国に還れるだろうか?」
そんな心配が心をよぎる瞬間はありませんか。

天国・地獄は実際に存在します。
あなたにとっても、決して絵空事ではありません。

今回は、亡くなった後の行き先は、いったい誰がどのようにして決めているのか、その霊的真実をお伝えいたしましょう。
(※本記事は小冊子「夢人間」創刊号より転載・編集)

1 最初の衝撃しょうげきは、自分の人生を見せられること!

さて、死んで肉体から抜け出し、あの世へと旅立った魂は、次々と衝撃の出来事に出合うことに……。
先に亡くなった多くの霊人たちに見守られ、自分自身の地上の人生全てをスクリーンのようなもので見せられるのです。
不思議なことに、数十年の人生が短時間で映り、本人が忘れていることや、心の中で思ったことなども公開されていきます。

この上映会では、実際の行動だけでなく、相手の感情や思いまでもが手に取るように感じられ、深い深い幸福感や悲しみ、つらさ、悔悟かいごの念など、人生のさまざまな面を振り返ることになります。

2 生前の反省をする

スクリーンを見ながら、自分自身の反省と共に、観客となって見ている人たちが、善いことや善い思いの場面では拍手をし、悪いことや悪い思いの場面ではシビアに反応します。

※反省とは、本来あるべき仏の子としての光り輝いている自分に照らして、悪しき自分を一つ一つ捨て去り、二度とそうした思いを持ったり、行いをしたりしないように心がけることです。

あなたもチェックしよう


□ 仏や神を敬い、尊んでいる
□ 家族を大切にしていた
□ 病気になっても、笑顔だけは
欠かさないように努力した
□ 困難に対して決してくじけない


□ 悪いことも心で思う分には構わない
□ 愚痴・不平不満が多い
□ いけないと分かっていてもつい周りに流される
□ 他人に対する嫉妬心が強い

3 自分自身で行き先を決定する

この世では他人の目をごまかすことができますが、あの世は、心が透明なガラス張りの世界なので、それはできません。
良心に照らして、自分を許せなくなると、自分自身の行き先を理解し、自らの選択で、地獄世界でのさらなる魂の修行を選ぶ人もいるのです。

この世での生き方によって、
あの世の行き先が決まります。

人は、仏に与えられた自由の代償として、間違いを反省し、悔い改めることが必要です。ですから、生前からの反省が大切であり、日頃から心を正すことがとても大事なのです。

皆さまは、「反省をしない罪」というものがあることをご存じでしょうか。

反省は、この世でするか、あの世でするかのどちらかです。
今回学んだように、この世でやらなければ、あの世でやることになります。この世でやっておけばあの世でやらなくてすむのです。

そこで、必ず知っておくべきことが、思いと行いの正しさを知るための基準となる「仏法真理」です。
だからこそ、信仰生活のなかには、「反省の習慣」が含まれているのです。

よく自己反省をして、「残りの人生において、全部は無理かもしれないが、立て直しのできるところは立て直してから、あの世に還ろう」と思わなくてはなりません。

『神秘の法』より


『神秘の法』

スピリチュアリズムのすべてが、この一冊でわかる!
「守護霊の秘密」「霊界通信の原理」「UFOと霊界科学」など、現代文明が封印してきた不思議現象の秘密を明らかにした大ベストセラー。
幸福の科学出版で購入する
Amazonで購入する

関連リンク
小冊子「夢人間」発刊一覧
小冊子をお読みになりたい方へ(郵送申込)