法話「道なき道を歩め」を公開!(3/19~)

2019.03.19

所要時間:約50分
公開期間:19/3/19~
場所:精舎, 支部, 拠点, 海外

無限の未来を切り開くための心構えとは

他とは全く違うHSUの教育と、期待される成果。そして、どのような環境でも、生き抜くための「心構え」とは。

この度、HSUの4年制における第1回目の卒業生に対して、法話「道なき道を歩め」が説かれました。


【POINT】

◆HSU開学に込められた大川総裁の熱い念(おも)い

◆HSUの教育に秘められたねらいとは

◆具体的にどのような人材を目指すべきか

◆「耳は2つ、口は1つ」の深い意味とは?

◆社会人になっていくための心がけ

◆大川総裁の会社員時代のエピソード

◆HSUと他大学の決定的な違い

◆HSUの未来のあるべき姿


【参加者の声】

【卒業生】

・いただいたものの大きさを忘れず、そして感謝を報恩へと変えていきます。日本や世界に貢献できる人間となります。4年間ありがとうございました。(未来創造学部 女子)

・18歳からの4年間をHSUで過ごさせていただき、ありがとうございます。世界を愛でひとつにするために、志を持って道なき道を歩んでいきたいと思います。様々な苦しみや迷いがあっても、変わらない志、本質は信仰と幸福な人、光の方向にいる人を多くつくり出していくということだということを忘れないようにしたいです。見失ってはならないものをしっかりと掴みとります。そのための努力をおしまないようにしたいです。(人間幸福学部 女子)

・道なき道を切り拓いて明るい未来を創っていけるという確信が心の奥底から湧いてきました。謙虚にすべてのことから学びながら、報恩の人生を生き切って参ります。(人間幸福学部 女子)

・HSUの未来は私たちのこれからの精進にかかっているということが強く印象に残りました。私たちの後輩たちが誇りをもって学べるように、世界を救う光となってまいります。(人間幸福学部 男子)

【在校生】

・「未来は無限です。しかし道はありません」という言葉がとても印象的で、どのように未来を拓くか、私たち人間には創造の自由が託されていること、本当に愛されていることを実感できました。(人間幸福学部 女子)

・社会に有用な人間となってほしいという願いを強く感じました。社会人になって真に有用な人間となるための心構えや、HSUの教育の有用性を教えていただきました。在校生として、もう一度、心構えを新たに学問に取り組んでまいりたいと思います。(未来産業学部 男子)

・HSUにどれだけ大きな期待を込められているかを感じることができました。HSUを卒業後の行動がHSUの価値を決めることがわかりました。(経営成功学部 男子)


拝聴希望の方は、全国の幸福の科学の精舎・支部・拠点にお問い合わせください。


併せて学ぼう!