大川宏洋の懲戒免職処分について

2019.06.26

当教団は、2019年6月25日付で、大川宏洋を懲戒免職処分としたので、ここに公表する。

処分の理由は、以下のとおりである。すなわち、三宝帰依違反、和合僧破壊活動、ネット媒体や月刊誌・週刊誌を用いて神聖なる信仰の対象である主エル・カンターレ、そのご家族と当教団に対する数限りない虚偽による誹謗中傷・名誉毀損行為、霊言・霊示を愚弄し続けた行為、さらに、在職中の所属タレントと起こした女性問題、教団の重要な映画に関して多大な損害を発生させた責任等である。

幸福の科学グループは、大川宏洋に対し、昨年10月以来今日に至るまで、代理人弁護士名で17通にも及ぶ内容証明文書によって、その数々の不法行為を具体的に指摘し、警告し、抗議するなどにより善導を図ってきたが、まったく反省が見られないどころか、虚偽発言による不法行為をエスカレートさせたため、今般、本処分を教団決定したものである。

※「三宝帰依違反」とは、「仏」(主エル・カンターレである大川隆法総裁)・「法」(大川隆法総裁の説く教え)・「僧」(当教団)の「三宝」に帰依すべき信者の義務に著しく反したこと、「和合僧破壊活動」とは、平和に協調している教団を分裂させんとしたことを意味します。

2019年6月26日 幸福の科学グループ広報局

関連記事

関連書籍