主エル・カンターレ

El Cantare

幸福の科学の信仰の対象は、エル・カンターレです。

エル・カンターレは、地球の至高神であり、「地球の光」という意味です。

エル・カンターレは、仏教的には「久遠実成の仏陀」、キリスト教的にはイエス・キリストが「わが父」と呼んだ方であり、イスラム教的にはアッラーに当たる存在でもあります。

地球のすべての神々を導く存在として、「この地球上に生きる、生きとし生けるもののすべてを幸福にする」ということを目的にしている霊存在がエル・カンターレなのです。

そして、主エル・カンターレは、現代の日本に大川隆法総裁として生まれられ、救世主として、全人類を導く教えを説かれています。

過去の歴史を振り返れば、宗教は、その時代時代で、人類の進むべき北極星を示してきました。

しかし、キリスト教やイスラム教など、現在の世界宗教だけでは、もはやその役割を果たせなくなりつつあります。

実際に世界情勢を見ると、様々な信仰や価値観が対立し、お互いを理解できずに混乱しています。

地球の人口が100億人に近づこうとしている今、人類には、こうした価値観の違いを乗り越えるための新しい北極星となる教えが必要とされています。

エル・カンターレの教えは、かつて説かれた、さまざまな教えを乗り越えたものであり、地球の未来を照らす光となるものなのです。

エル・カンターレの地上下生の歴史

地球の至高神であるエル・カンターレは、その魂の分身を地上に幾度も送り、過去のさまざまな文明を創造されました。ゴータマ・シッダールタ(お釈迦さま・仏陀)、ヘルメス、オフェアリス、リエント・アール・クラウド、トス、ラ・ムーは、主エル・カンターレの魂の一部、分身です。(詳細は、『太陽の法』<幸福の科学出版>)

ゴータマ・シッダールタ

ゴータマ・シッダールタ

ゴータマ・シッダールタは、お釈迦さま、釈尊、仏陀などとも呼ばれる存在です。

約2,600年前のインドに釈迦族の王子として生まれ、身分を捨てて出家。真理探求の結果、人類最高の悟りを得て仏陀(悟りたる人)となります。

その教団にて、身分・性別を問わず、数多くの弟子を養成。生涯にわたってインドをまわり、「知」と「反省」の教えを中心に、国王など数多くの信者を教化しました。

後の世に、仏教は世界宗教となり、東洋文明の源流となります。

ヘルメス

ヘルメス

ヘルメスは、約4,300年前、古代ギリシャのクレタ島シティアの王子として生まれ、後に全ギリシャの王となります。

貨幣経済と貿易システムを生み出し、地中海に一大繁栄圏を築きました。

さらに「愛」と「発展」の教えを説き、宗教家としても活躍。西洋文明の源流となります。

「(あの世とこの世をつなぐ)通信の神」「旅行の神」「商業の神」として知られ、霊的な存在であると同時に、この世でも通用する合理的な思想を持ちあわせる英雄でした。

オフェアリス

オフェアリス

オフェアリスは、約6,500年前に古代ギリシャのディロス島で生まれ、遠征してエジプトの王となります。

歴代のファラオへと連なるエジプト王の真のルーツであり、全知全能の神オシリスとも呼ばれる存在です。

「人間性・才能の開花」という教育的、芸術的な仕事を第一とし、「男女を幸福にするための法」、そして自然から多くのものを学び活かしていく「自然の法」を説きました。

これが、その後のギリシャ精神のなかに流れていく教えになりました。

リエント・アール・クラウド

リエント・アール・クラウド

リエント・アール・クラウドは、約7,000年前の古代インカの王です。

宗教家であると同時に政治家であり、科学的な知識も持っていました。

当時、地球に飛来する宇宙人を神とあがめる人たちに対して、宇宙人は神ではないと明言。

「神は外部にあるのではなく心の奥底にあるのだ」と心の世界の神秘を説きます。人生の目的は、心の世界の神秘を探ることにあり、心を高めてゆくことが大切であると教えることで、宇宙人の侵略危機から地球を救いました。

トス

トス

トスは、約1万2千年前にアトランティスに総合文化を築いた大導師です。

宗教家、政治家、哲学者、科学者、芸術家を兼ね備えた超天才であり、その優れた見識で、アトランティスに科学文明をもたらしました。

宗教家としては、「愛」と「知」の教えを中心に説き、民衆を教化。

トスの死後、アトランティスは次第に海中に没していきましたが、その文明は、やがてエジプトに移ります。

古代エジプト文明では、全知全能の神トートと呼ばれる存在です。

ラ・ムー

ラ・ムー

ラ・ムーは、約1万7千年前にムー文明の最盛期を築いた王です。

太陽信仰と太陽科学万能の時代に、宗教家と政治家を兼ね、祭政一致の徳治を行いました。

ラ・ムーは、民衆に「神を太陽のごとき存在だと悟らねばならない」「太陽のごとき愛と慈悲に生きねばならない」「向上を人生の目標としなければならない」という三正道を説きます。

このラ・ムーの教えは「太陽の法」とも呼ばれ、現在の幸福の科学の経典『太陽の法』に連なる教えでもあります。

8/2「大川隆法 IN 東京ドーム」速報レポート!