Q. 人は死ぬとどこに行くのですか?

A. 四十九日ぐらいであの世に行き、生前の反省をします。

イラスト解説「死ぬと人はどこに行くの?」

人間の魂は、死後、どのようになるのでしょうか。
普段「死後の世界などない」と思っていても、「もしあったらどうしよう」と考えたことはありませんか?
死後の世界が恐れられる理由の一つは、「仕事の世界の話は数多くあるけれども、そこに行って帰ってきた人がほとんどいないために、よく分からない」というものがあると思います。
誰にも必ずこの世を去る瞬間が訪れます。その時、私たちは、どんな体験をするのでしょう?
もしかしたら、「人間は死んで肉体が焼かれたら何もなくなってしまう」と考えているかもしれませんが、そうしたことは絶対にないのです。
突然の心臓発作で亡くなってしまった方のケースから、「人は、死んだらどうなるのか」を学んでみましょう。

1.肉体から魂が抜け出す

心臓が停止して亡くなった後に、肉体に宿っていた魂が抜け出します。魂(霊)になると、周りの人に話しかけても通じません。初七日(しょなのか)のころまでは、戸惑いながらも、自分の葬儀や家族の様子などを見て過ごします。
やがて、日がたってきて、ある程度の期間が過ぎると、霊体として、この世の物質的なものが少しずつ落ちていきます。そして、「そろそろ行こうではないか」と言われてあの世に旅立ちます。

【霊子線】

肉体と魂をつなぐもので、心臓停止から一日ほどで切れます。霊子線が切れたときが人間の本当の死で、生き返ることはありません。霊子線が切れないかぎりは、魂が肉体に戻って、生き返ることもありえます。

スムーズに旅立てる人

死後一週間以内に、先に亡くなった両親や兄弟など、縁あ
る方が迎えに来てくれます。

幽霊としてさまよう人

死後の世界をまったく信じず、魂やあの世もを信じていないと、自分が死んだことに気づけかずに、この世をさまよい続けることも……。

2.三途の川を渡ってあの世へ

導きの霊に連れられて、「三途の川」のあたりに来ます。三途の川の向こうでは、菜の花などのきれいな花がたくさん咲いていて、身内や友人など、いろいろな人が迎えに来ます。そのため、「天国に来た」と錯覚するのですが、このあたりはまだ霊界の入り口であり、「天国・地獄をふるい分ける前の世界」です。あの世の入口に来ます。そこには、昔から言われている、有名な「三途の川」が。
三途の川は生死の境界線であり、川を渡ってしまった場合には、もう帰ってくることができないと言われています。
三途の川の渡り方は数種類あります。川面(かわも)を飛んで渡る人、舟で渡る人、泳いで渡る人、溺れかけながらわたる人など、その人の心境に応じてさまざまなスタイルで渡ります。三途の川の渡り方でその後のコースのよしあしが予想できるのです。

川を軽やかに渡れる人

正しい心で生きていた人は、川の上をスーッと渡ったり、橋が架(か)かってその上を渡ったり、渡し舟に乗せてもらったりします。

溺れながら渡る人

お金や地位などに執着がある人は、溺(おぼ)れながら渡ります。そのとき、"執着の象徴"である、お札や名刺などを落としていかなければいけません。

3.自分の人生を見て、生涯を反省する

三途の川を渡ってしばらく行くと“照魔シアター”と言われる“映画館”のような建物があり、ここではなんと「守護霊の目で見た『自分の一生』を編集し、ダイジェスト版の映画にしたらこうなる」というものが上映されるのです。"自分の一生"が上映されます。観客席には自分の知り合いや、イクゾーさんとご縁のある霊人が集まっています。
この映像では、生前の行いだけでなく、心の中で思ったことまで全て部公開されます。、その内容に応じて観客が陪審員となり、天国行きか地獄行きかが判定されます。ることに。観客席にはイクゾーさんとご縁のある霊人が集まっています。
これは、たいていの人にとって、嫌なものです。恥ずかしいシーンや隠したいシーンが多く、ほめてもらいたいシーンはそれほど出てきません。逆に、「ほめてもらいたい」と思って、いろいろと画策しているようなところが出てきたりします。このように、「自分はどういう人間であるか」が明らかにされてしまうのです。
上映が終わったときに、拍手が起こるか、それともシラーッとしているか、みんなの反応を見れば、「自分は、これから先、どの世界に行くべきか」ということが、何となく分かってくるのです。そのようにして反省をし、あの世での行く先が決まります。

天国に還れる人

生前、清らかな心を保ち、人のために生きた人は、多くの人に祝福され、天国に還(かえ)れます。天国は人に好かれるような人たちがいる世界です。笑顔を絶やさず、素直な心で生き、多くの人に好かれ、多くの人を愛することができる人を目指しましょう。「その人がいると居心地が悪い」と思われるような人は、天国には住めないのです。

地獄に行く人

身勝手に生きたり、他人を苦しめたりした人は、地獄に赴(おもむ)き、反省が終わるまで天国に還れません。一日の間に去来する思いのなかで、人を責める気持ちや恨み心が占める時間がかなり長いようならば、注意が必要です。

【コラム】あの世に持って還れるものは心しかない

あの世に持って還れるものは心しかない

真実への目覚め

死んで、あの世に持って還れるものは、みなさんの心しかありません。この世にあるものは、あの世には何一つ持って還ることができないのです。家も財産も服も、この世の学歴も地位も、何であろうと、あの世に持って還ることはできないのです。

あの世に還るときには心一つです。「心が美しいかどうか。心が清らかであるかどうか。心が豊かであるかどうか」、それのみが問われます。

「天国の門をくぐるときには、この世のものを何一つ持っていくことはできない」ということを知ってください。

「あの世に持って還れるものは心しかないのだから、この世で経験する、さまざまな事柄は、自分の心を磨くための材料にしかすぎないのだ」ということを、どうか、どうか、強く強く思っていただきたいのです。それが人生の目的そのものでもあるわけです。

【動画】臨死体験インタビュー

【動画】死んだらどうなるシリーズ

関連記事

【おすすめ】あの世のことがよくわかる!

ebookで読む

どんな人でも、死んだら絶対「霊」になる
故人の霊は、「四十九日(しじゅうくにち)」をこう過ごす
「あの世」と言っても、いろんな世界がある
天国に還れるような生き方をしよう

※クリックすると、マンガ電子版が表示されます。

おすすめ書籍

信仰心が来世の行き先を決める

天上界に上がるには信仰が必要

あなたは死んだらどうなるか?

霊界は、完全に、信仰の偏差値による輪切りの世界になっています。
そして、地獄界は、基本的に信仰心がない人たちの世界です。そこには、神も仏も信じていない人たちや、生前、宗教心があるように装っていたけれども、実は偽善者で、ほんとうは信じていなかった人たちがいます。
天上界に上がるには、まず信仰が必要です。信仰とは仏や神を信じる心です。とりあえず、「人間は霊的存在である。霊界こそが、ほんとうの世界であり、地上は仮の世界である」ということを信じなければ、天国に入れないのです。

【関連記事】信仰心が来世の行き先を決める

本当の幸せを見つけませんか?

「心が変わると、人生が変わる」。この奇跡が臨むキーワードは、私たち一人ひとりの「信じる心」です。あなたも、幸福の科学で心の教えを学びませんか。毎日のように起きている、"幸せをつかんだ感動の実話"の体験者になりましょう。

PICK UP

幸福の科学グループ紹介
「世界から希望が消えたなら。」【10月18日全国ロードショー】