2012年6月23日(土)18時25分(日本時間 24日(日)0時25分)、大川隆法総裁にとって五大陸目の海外説法となるアフリカ・ウガンダ講演”The Light of New Hope”(新しき希望の光)が、同国最大の国立スタジアムであるマンデラ・ナショナル・スタジアムで行われました。

幸福の科学大川隆法総裁アフリカ・ウガンダ大講演会速報!(6月24日更新)

講演の様子は、国営放送を含むテレビ3局で同時中継された他、新聞やラジオでも紹介され、感動の声や「幸福の科学の活動を手伝いたい」という声が数多く寄せられています。

ウガンダでの講演 “The Light of New Hope”(新しき希望の光)は、いずれも6月30日(土)より、全世界の精舎支部及び、国内の拠点にて公開されます(日本語字幕付き)。

約1万人が参加! 大川隆法総裁講演”The Light of New Hope”(新しき希望の光)

大川隆法総裁は、突然のスコールにもかかわらず、約1万人の大観衆を前に、”The Light of New Hope”(新しき希望の光)と題した講演を英語で行いました。

幸福の科学の基本教義である四正道(「愛」「知」「反省」「発展」の教え)を分かりやすく説かれ、「幸福の科学の最終目的は、愛と悟りによって地球にユートピアをもたらすことです」と語られました。

また、「自分自身に自信を持ちなさい。そうすることで、アフリカは発展途上だという観念に立ち向かうことができます」「あなたたちは罪の子ではなく、神の子です。アフリカは次のホープになることを確信してやみません」などと、アフリカの人々への期待や激励の言葉が力強く語られました。

参加者からは感動の言葉が数多く寄せられ、当日参加された未会員の方々の9割以上が新しく幸福の科学のメンバーとなりました。

参加された方々の声

「今日講演を聞いて、過去アフリカに起きた悲劇を『許す愛』の教えによって、乗り越えることができると思いました」(40代・男性)

「本当に奇跡の瞬間でした。また、直前まで雨が激しく降っていたのに、ご登壇される前には雨が止まり、主エル・カンターレが奇跡を起こしたと思いました」(40代・男性)

「『世界のリーダーになれる』という教えにとても感動しました」(20代・女性)

「今日、新しい人生を頂いたので、幸福の科学の活動を通してウガンダを発展させます」(20代・男性)

「とても素晴らしかったです。信仰心が増し、他の人を愛することを学びました。主エル・カンターレを信じることで、全てのことが可能になると心から感じました。自分を愛するように、他の人を愛し、人生を変えていきます」(20代・男性)

「ウガンダは幸福と愛の新しい道を得たと思います。この講演によって、アフリカ大陸やウガンダの全ての罪は洗い流されました」(20代・男性)

14社の報道陣! 講演の様子がテレビ3局で同時中継!

講演の様子は、テレビ局3局(ウガンダ国営放送のUBC、ウガンダ全土放映の民放局のWBS、NBS)で同時中継された他、夜のニュースなどでも報道されました。

WBS(ウガンダ全土放映の民放局)では、「大川総裁は、『勇気こそが貧困から脱し真なる幸福をつかむ道であり、愛と許しを理解することで光輝く未来が開かれます』と説きました。またその使命は最高神、エル・カンターレとして、全人類に幸福をもたらすことです」などと紹介されました。

また同じくウガンダ全土放映の民放局Bukedde/Urbanでは、大講演会の第一部として開催されたコンサートや、アフリカ本部長へのインタビューを交えながら「アフリカ初の講演として、今回のテーマはアフリカの人々に希望と繁栄をもたらすこと」などと報道されました。

現時点で「Daily Monitor」「Bukedde(ルガンダ語紙)」「NewVision」「Observer」の4紙に記事が掲載され、ラジオでも3局にて講演会の紹介が流れました。
今後もUBC国営放送やローカルテレビ局で講演会の様子が放送される予定です。

WBS(ウガンダ全土放映の民放局)

Bukedde/Urban
(ウガンダ全土放映の民放局)

「Bukedde」紙(ルガンダ語紙)

「Ovserver」紙

「幸福の科学がウガンダに希望をもたらした」
“Happy Science founder brings hope to Ugandans”

「New Vision」紙

「何千人もの聴衆が幸福の科学の講演に参加し、平和について学んだ」
“Thousands attend Happy Science talk,Ugandans tipped on peace”

「Monitor」紙

「何千人もの人々が幸福の科学の講演に参加」
“Thousands flock Happy Science lecture” 

報道関係者の方々の声

「素晴らしい講演でした。人生に対する洞察力がつきました。来年も大川隆法総裁が来てくださることを祈ります」(新聞記者)

「人を愛すること、優しくすることを教えていただきました」(新聞記者)

「講演に心より感謝します。多くのウガンダ人やアフリカ人に希望を与えてくださいました。世界を幸福にしていくための智慧や許しに対して、ウガンダ人を目覚めさせました。貧困から抜け出す道は、しっかり働き、幸福でいることです」(新聞記者)

「大川隆法総裁は、お互いに愛することの大切さを説かれました。これはウガンダの人々にとって深いメッセージです。講演はウガンダの人々の心に響きました。大川総裁はこの国に対して、愛と知の大切さを説かれました。日本のように強い国になる勇気を私たちにくださいました」(ラジオレポーター)

「希望と、リーダーになっていく自信を頂きました。私たちは互いに愛しあい、幸福にいる時、より素晴らしくなることができます。もっと素晴らしくなるための奇跡を起こしていけると思いました」(ラジオレポーター)