Q.幸福の科学が勧める「幸福」とはどんなものですか?

A.魂の向上につながる生き方を提唱しています。

あの世に還っても幸福が続くような生き方

幸福の科学が説いている「幸福」とは、どのようなものでしょうか。世の中の、いわゆる幸福論が、この世の話ばかりをするのに対して、幸福の科学の幸福論は、この世的に幸福であるだけではなく、あの世的視点から見ても幸福である生き方を説いているのです。そういう幸福を、「この世とあの世を貫く幸福」と呼んでいます。
つまり、みなさんに対して、この世で幸福感に満ちた生き方をしていただくことを願うだけではなく、死んで、あの世に還ってからも、幸福な生活が続くような生き方を提唱し、それを実践していただきたいと願っているのです。

この世では悲劇の人生でも、あの世で幸福になる人もいる

もちろん、これ以外の考え方もあります。この世に対して、まったく否定的な見解をとるならば、「この世で、いかに悲惨な生き方をしても、あの世において幸福であれば、それでよい」という考え方もあると思います。キリスト教徒には、この世では、悲惨なこと、悲しみの現実とぶつかり合って生きながら、あの世での幸福を目指す人が、かなり多くいます。そもそも、教え主であるイエス自身が、この世では悲劇の人であったと考えてよいと思います。教え主が悲劇の人であったがゆえに、あとに続いた人たちも、悲劇を通しながら、あの世での栄光、あの世での幸福を求める生き方をしました。しかし、幸福の科学では、そうした生き方がいちばん良いとは必ずしも思っていません。わずか数十年ではありますが、この地上生活のなかにも、一定の意味合いを認めています。

この世に生まれてくる意味がある

人間は、まったく無意味なことを繰り返すだけではありません。「この世に生まれてくるには、生まれてくるだけの理由がある。この世の数十年の人生のなかにも、それなりの役割や目的がある。人間は、何かを学ぶために、この世に生まれてきて、そこで学んだものを持って、実在の世界、本来の世界に還る存在なのである」これが根本的な考え方なのです。
したがって、この世を完全に否定しているわけではなく、「修行場、教育の場、魂を磨く場として、この世は非常に大切な場である」ということを認めています。「この世において、魂が数多くの糧を得て、喜びを感ずることは、非常に幸福な生き方である。そして、その生き方が、あの世での幸福にもつながる」と言っているのです。

人生わずか2万数千日

みなさんは、数十年の人生というものを、長いように感じるでしょうが、日数に直してみると、平均して2万数千日です。そして、砂時計の砂のように、毎日毎日が1日ずつ落ちていき、2万日から3万日たったときに、みなさんは、この世を去ることになるわけです。短いといえば、非常に短い人生です。この2万数千日の間に、この世において、どれだけのことを経験し、どれだけのことをつかみえるか。これが非常に大事です。その貴重な経験を得るために、人間は人生を送っているわけです。そのために、この世に赤ん坊として生まれ、学校で学び、大人になると、職業に就き、結婚をして家庭を営みます。そして、病になったりしながら年をとっていき、やがて、この世を去っていくのです。
わずか2万数千日――。この間を、どれだけ理想的なものにしていき、あの世に還ったときに、魂の向上になっているような生き方をするか。これが非常に大事なことなのです。

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

参考文献:『霊的世界のほんとうの話。』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。