Q.どうすれば健康になれますか?

A.「反省」「感謝」「精進」「祈り」がキーワードです。

明るい「想い」が健康を創る

健康になるためには、積極的で明るい想念を持って生きることが非常に大事なのです。全体的に、健康の復活のためのキーワードを考えてみると、それは「反省」「感謝」「精進」「祈り」の四つになると思います。

反省

まず、「反省」によって、健康を害し、病気を生み出すような「想い」を取り去っていくことが大事です。それは、必要以上に自分を責める心かもしれないし、病気を理由にして責任やプレッシャーから逃れたい心や、誰かを怒ったり恨んだりする心かもしれません。反省をして、そうしたマイナスの想いを除去すると、心に神仏の光が差すようになるのです。

感謝

次は「感謝」です。病人には、たいてい感謝の心がありません。不平不満や愚痴は出ますが、感謝の思いは出ないことが多いのです。したがって、病気になりたくなければ、いろいろな人に感謝をすることが大事です。現に病気になっている場合には、周りの看護師や家族などに対する感謝を心がけてください。そうすると病気は良くなります。他人を責める心があると病気は良くなりません。病気は、本人に、反省を促したり、家族のありがたみを教えたりする機会でもあります。反省や感謝を教えるための修行の機会でもあるわけです。

精進

それから、「精進」です。食事や運動など、体のコントロールも大切です。「医学知識も勉強しながら、自分の健康を維持していこう」という精進の心が不可欠です。

祈り

最後は「祈り」です。「良くなりたい」という気持ちを持ち、自分の人生全体を設計することです。「自分としては、こういう人生にしたい。このくらいの年齢までは、元気に現役で働きたい。その後も、このようにして家族と暮らしたい」という人生設計を、繰り返し繰り返し、心のなかに思い描くことです。毎日、自分の健康生活について設計し、祈ることによって、次第しだいに、生活や考え方、行動など、いろいろなものが、それに合致したものになっていきます。

参考文献:『超・絶対健康法』

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。