『武内宿禰の霊言—日本超古代文明の「神・信仰・国家」とは—』(大川隆法 著)7/8(木) 発刊【幸福の科学書籍情報】

(最終更新:

『武内宿禰の霊言—日本超古代文明の「神・信仰・国家」とは—』(大川隆法 著)

新しい歴史的事実、続々!
日本文明“三万年”説。

『記紀』から消された富士山王朝
日本からインドや中国にも広まった
天御祖神文明の驚くべき真相――
古文書『竹内文書』『ホツマツタヱ』を著したとされる武内宿禰が、超古代文明の秘密を解明する。

◆三万年前に富士山を中心とした古代王朝――天御祖神文明が存在していた
◇「空を飛ぶ船」や「海底人」も!? 当時の日本には空中都市や水中都市があった
◆「秀真文字」は宇宙人から伝わった!? 漢字文化によって古代文字は歴史から消えた
◇富士山王朝の統治の実態や食料の秘密 弓や槍、刀の作り方も日本から大陸に伝わった
◆『記紀』に記された天御中主命、国之常立神、そして神武天皇は、ほんとうはどんな存在なのか

うぬぼれの中華思想と中国の専制政治に終止符を
 私たちが想像しているよりも
日本の歴史はずっと古く、
 もっと誇り高い。】

【解説動画】

【関連書籍・CD】