法話「信仰を護る強さ」を公開!(4/27〜)

2019.04.27

所要時間:約47分
公開期間:19/4/27~
場所:精舎, 支部, 拠点, 海外

【Point】

◆幸福実現党が選挙を戦うことの「本当の意味」
◆未来を変えるために、いち早く人類に迫る危機に警鐘を鳴らしてきた幸福の科学
◆金正恩氏の訪露、中国の一帯一路、スリランカ爆破テロに思うこと
◆国を弱めるのではなく、国の総力を高める地方自治を
◆宗教に対する現在のマスコミの姿勢は、唯物論を推し進めている面もある
◆勇気と言葉と行動が、信仰を護る強さとなる
(2019年4月27日(土) 総本山・正心館にて)

【参加者の声】

・本当に熱い説法で感動しました。日本のへっぴり腰をたたくような力強い発言でありました。新たな未来の創造のためにも、すべてを変える力を身につけ、神仏と共に強くなり、正しき者は強く、これからも信仰を胸に、伝道や様々なものと戦っていこうと思います。(10代・男性)

・改めて日本を守ること、世界を守ることこそが使命であると実感いたしました。勇気ある行動こそが信仰を護る武器であるというお言葉を大切にしてまいります。様々な社会問題に対しての正しさを御教示くださり、大変勉強になりました。(50代・男性)

・「信仰を護る強さとは、勇気と言葉と行動です!選挙は悪魔との戦いです。」はっきりと心に残りました、心を強くし、勇気と言葉、行動を武器として、7月の選挙を戦い抜いてまいります。(60代・女性)

・日本という柱がグラグラしているから世界で起こっている問題が解決できない。神仏の側に立つか、悪魔の側に立つか、判断が出来ないでいる今の日本人、知っている者が増えていかなければと思います。信仰を護ることを実践していきます。(60代・女性)

・幸福実現党の活動が、降魔である事を明確にしてくださり、感謝します。(50代・男性)

・今、私たちは、人類の未来を賭けた戦いをしており、信者である私たちしかできないミッションであると改めて感じました。(20代・女性)

・幸福実現党の躍進こそが、この日本を世界を導く力になることを改めて思わせていただきました。(50代・男性)


拝聴希望の方は、全国の幸福の科学の精舎・支部・拠点にお問い合わせください。