法話「自由・民主・信仰の世界」を公開!(5/14〜)

2019.05.17

所要時間:約51分
公開期間:19/5/14~
場所:精舎, 支部, 拠点, 海外

【Point】

◆幸福実現党立党10年周年への所感

◆「自由・民主・信仰」はなぜ大切なのか

◆中国にまつわる台湾、ウイグル、チベット、内モンゴル等の問題について

◆アメリカと中国の貿易戦争への見解と日本経済への指針

◆唯物論的な共産主義が、官僚制と独裁者を生み出す理由

◆ロシアとの平和条約を進めるために日本がするべき決断とは

◆韓国の文在寅大統領は「核兵器を保有する南北統一国家」を目指している

◆共産主義、そして宗教対立を乗り越える力を集めたい
(2019年5月14日(火) 幸福実現党立党10周年大会【於:幕張メッセ】における講演)


【参加者の声】

・論理的かつ感動的な講演でした。幸福実現党の躍進こそが日本、アジア、世界を救っていけるとの確信を持ちました。(50代・男性)

・信仰と民主主義を両立していくことは決しておかしいことではなく、むしろ無神論こそが人々の信じる自由を奪うことがよく分かりました。また、「中身を見てください!」というお言葉が心に残りました。(10代・男性)

・米国と中国との貿易戦争については日本も舵取りを間違えていけないと痛切に感じました。(50代・男性)

・国際情勢についてシャープな視点をお持ちなことに感心いたしました。中朝韓と日本との立ち位置をクリアに捉え、政策、意思を述べられていると思いました。(30代・男性)

・2009年から一貫して今日まで同じ政策を掲げ続けるというのは選挙のためではなく、"人々を幸福にする"という強い考えがあったからだと改めて思わされました。(30代・女性)

・国家からの自由は成し遂げてきたけれども、国家への自由は充分ではないというお言葉がとても心に響きました。こういう日本にしたいと思う自由も必要だと思いました。(40代・男性)

・北朝鮮や韓国の話をここまで堂々と話せる人はいないので新鮮でした。(40代・男性)

・現状維持を求めるところからは大局の危機管理は出来ないという言葉に感銘を受けました。(50代・男性)

・「善悪をハッキリ言えないとリーダーとは言えない。今正論と言えるのは幸福実現党である。」とのご発言に感銘を受けました。(50代・男性)

拝聴方法

公開された法話・霊言・リーディング等は、全国の幸福の科学でどなたでも拝聴できます。拝聴希望の法話名と公開場所を確認のうえ、お近くの精舎・支部・拠点にお問い合わせください。