人は死んだらどうなる?驚きの真実 【霊的世界のほんとうの話】

Q.人は、死んだらどうなりますか?

A.肉体から離れて魂になります。そして、あの世に還ります。


天国に行く人、地獄に行ってしまう人。
残念ながら、現代では地上で迷ってしまう人もたくさんいます。

自分の死を受け入れられた人は、光のトンネルを抜けて、あの世の入り口に行きます。
そして、映画を見るように自分の人生を振り返り、これから行くべき世界を自分で選びます。

でも生前、この世がすべてと考えて、神もあの世も信じていなかった人は、死んでも自分の死を受け入れられず、この世で迷う人もたくさんいます。
「霊的真実」を知ることが「天国への鍵」です。

【イラスト解説】人は死んだらどうなる?~心肺停止から死後7日、49日、数か月以降まで~

誰もがいつかは迎える死の瞬間。そのとき、人はどんな体験をするのでしょうか。 ご臨終を迎えたあるおじいさんを例に、「死んだらどうなるのか?」を一緒にたどってみましょう。

(1)死後0時間(魂が肉体から抜け出す)

【心肺(しんぱい)停止(医学的死)】
心臓が止まり、肉体が死ぬと、魂は肉体を抜け出し、多くの場合、天井のあたりから自分の肉体を見下ろします。この段階では、魂と肉体をつなぐ「霊子線(れいしせん)」がつながっており、魂は肉体の痛みなどを、まだ感じています。

(2)死後24時間(本当の死)

【通夜(つや)】
通夜式が、通常、死後一日置いて行われるのは、魂と肉体をつなぐ「霊子線」が切れるのを待つためです。死んですぐ荼毘(だび)に付すと、魂と肉体がまだつながっているため、魂は苦しみ、安らかにあの世に旅立てません。

(3)死後数日~約1週間(死の自覚が進む)

【葬儀】
葬儀は単なる儀式ではなく、亡くなった方の魂が自分の死を悟り、この世や家族への執着を断って、あの世への旅立ちの必要性に気づく機会です。僧侶の読経は、本来、亡くなった方にそのことを悟らしめるために行われるべきものです

(4)死後7~49日ごろ(死後の行き先決定)

【初七日~四十九日】
魂は、死後、七日間くらいは自宅周辺にとどまっていますが、死後、四十九日ほどたつと、「導きの霊」などに、あの世へ旅立つことを本格的に促されます。魂が安らかにあの世へ旅立てるように、「初七日」や「四十九日」などの節目で法要を行うのです。

(5)死後49日以降(時々地上を見にくる)

【埋葬】
昨今、「散骨」や「樹木葬」などが流行っていますが、お墓は、死後、自分が死んだと分からずに迷っている魂に、死を悟らしめる縁(よすが)となります。また、遺された人々が、故人に供養の心を手向けるときの、「アンテナ」のような役割もあります。お墓をつくり埋葬することは、大切なことなのです。

(6)死後数カ月以降(時々この世とつながる→またこの世に生まれてくる)

【お盆、その他の供養】
お盆になると、先祖供養が盛んに行われます。お盆の時期には、霊界と地上との交流が盛んになり、「地獄の門が開く」とも言われています。また、新盆(にいぼん。死後、初めてのお盆)を過ぎても、ときどき、先祖を供養することで、天国に還った霊人はもちろん、地獄に墜ちた方にも、光を手向けることができます(※ただし、供養する側の悟りが低いと、死後、迷っている霊の悪しき影響を受けることもあります。まず供養する側が、あの世の知識を学び、心の修行を重ねていることが大切です。)

【生まれ変わり(転生輪廻)】

天国に還った霊人は、一定の期間を霊界で過ごしたのち、次なる魂修行のためにまたこの世に生まれてきます。新たな時代・新たな環境で、また違った経験を積むことで、人は永遠の向上を目指しているのです

【書籍で学ぶ】人が「死ぬとき」に体験すること

普通の人は自分の死をなかなか自覚できない

霊的世界のほんとうの話。

私たちは、肉体の死によって滅んでしまうわけではありません。肉体には魂が宿っており、死後は、その魂が肉体から離れ、あの世へと旅立っていくわけです。
ところが、通常、自分が死んだことが、なかなか分からないのです。もちろん、亡くなって、その日のうちに、さっと肉体から出ていく人もいますが、普通の人は、自分が死んだことが、すぐには分かりません。そこで、しばらくは、病気の延長のようなつもりで、肉体のなかにいるのです。そして、周りの人が、「ご臨終です」とか、いろいろなことを言っているのを、「まだ生きているのに、おかしなことを言うなあ」と思って聞いています。ときどき、まぶたを開けたり閉めたり、ライトを当てたりされるので、「何をするか。まぶしいじゃないか」と本人は言っているのですが、「反応がありません。もう瞳孔が開いています」などと言われるわけです。あるいは「心臓が止まりました」とか言われるので、自分の胸に手を当ててみると、まだ心臓は動いているのです。 これは心臓の霊体がまだ動いているからなのですが、「あれ、おかしいな。心臓が動いているのに『止まった』と言っている。この医者は誤診をしている。『脳波も停止しました』なんて、大変なことを言っているけれども、現に脳が一生懸命に活動しているのに、何を言っているのだ」というように思うのです。
このように、通常は、「自分はまだ生きている」と思っていて、死んだことの自覚がありません。しかも最初は肉体そのままの姿でいますから、周囲の状況を変に感じるのです。

そのうちに、やがて「ご臨終です」と言われ、家族がおなかの上に寄りかかって泣き始めたりします。本人は「今ごろ泣かれても困る。元気なときに泣いてくれないと。そんなに泣くなら早めに泣いてくれ」などと言っていますが、どうやら思いが通じていないようであり、また、「おかしいな。体が動かないな」ということもあり、不思議な感覚なのです。
その日は、お通夜や葬式の準備で、いろいろな人が集まってきたりするのですが、ある程度よく分かっている人だったら、「どうやら死んだかもしれないし、死んでいないかもしれないし」と、しばらくは、もうひとつよく分からない感じがします。一方、自覚がまったくない人は、「まだ生きている」と信じているわけですから、「みんながおかしくなった」と思うのです。そして、いよいよ、お通夜や葬式が始まり、自分の写真が額縁に入れて飾ってあったりするのを見て、「もう勘弁してくれよ。嫌だよ。まだ死にたくないよ」などと言っているのです。

その間、魂は肉体を出たり入ったりしています。まだしばらくは家のなかにいて、ときどき、屋根近く、あるいは天井近くまでフワッと浮いていき、下を見て何だか怖くなって、また戻ってみたりとか、そういうことを繰り返しているのです。
人間の後頭部には、銀色の細い線で魂と肉体がつながっているところがあります。幸福の科学では、それを「霊子線」と言っています。これが切れないかぎりは、魂が肉体に戻ってくることがありうるのです。しかし、これが切れたときは、もう二度と帰ってくることができません。そのように、ほんとうの意味での死は、肉体が機能を停止したときではなく、通常、それから一日ぐらいはかかるものなのです。

【動画】人は死んだらどうなる?~臨死体験インタビュー~

【マンガ】霊界ガイダンス~死んでも死なない? 死の直後にこんなことが起こる!~

※クリックすると、マンガ電子版が表示されます。

【図解】霊界マップ~霊界って、こんなに広いのか!~

霊界は広大で自由!心の波長に応じた無数の世界が展開している。
※クリックすると、画像が大きく表示されます。

【記事】人は死んだらどうなる?

【記事】お彼岸やお盆に供養は必要ですか?

【書籍で学ぶ】人はなぜ生まれ変わってくるのか?

人は転生輪廻によって魂の経験を豊富にする

生命の法(いのちのほう)

人は、何度も何度も、何十回、何百回、あるいは、それ以上の回数の転生輪廻を繰り返している以上、そのあいだには、さまざまなパターンの人生があり、そのつど、さまざまな経験を積んでいるのです。毎回、まったく同じ人生ばかりでは経験になりません。たとえば、若くして死ぬこともあれば、人生の最盛期に死ぬこともあり、晩年に死ぬこともあります。親より先に子供が死ぬこともあります。
あるいは、男の体に生まれたり、女の体に生まれたりして、違った性の経験を積むことがあります。
過去世で男性に生まれたときに、家庭において、あまりにもワンマンで暴力的だったような人は、「今回は、女性に生まれ、前回とは反対の立場で自分自身を観察してみなさい。相手のことを考えてみなさい」と言われ、女性として生きる経験をすることがあります。逆に、女性としての転生が続いている人は、「人生経験での収穫が減ってきたから、今度は男性で生まれてみなさい」と言われることもあります。ただ、男性としての転生が続いている人であったとしても、「仕事柄、やはり、ずっと男性として生まれたほうがよい」と言われる人もいます。
このように、人生計画には、さまざまなものがありますが、要するに、「魂の経験を豊富にする」という観点から転生輪廻の計画は立てられているのです。

【図解】霊的人生観~人は目的を持って生まれ、死後はあの世に還る(生まれ変わり)~

霊的人生観」とは、「人間は魂修行をするためにこの世に生まれてきた存在である」という真実に基づく人生観です。人はどのようにして生まれ、人生を生き抜き、あの世に還っていくのか。転生輪廻のサイクルをイラストで紹介します。
※クリックすると、画像が大きく表示されます。

【記事】人はなぜ生まれ変わってくるのか?

参考書籍・映像作品

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。


【募集】ご質問・ご感想をお寄せください。

ご質問・ご感想をお寄せください。

どのようなことでも結構です。お気軽にメッセージをお寄せください。

読者のご質問への回答

記事をお読みになられた方から頂いたご質問に、幸福の科学の教えをもとに編集部より回答いたします。

【読者のご質問】

先に逝ってしまった両親には会えますか?私はもうすぐ13歳で、死のことばかり考えて涙が止まらなかったり、心臓がバクバクしていて苦しいです。


【編集部の回答】

それは大変お辛い状況ですね。

いま、お亡くなりになったご両親は、目には見えない魂となって、泣いて苦しんでいるあなたを心配して見守っていることと思います。

死は、永遠の別れではありません。

あなたがこの世での人生修行を終えたら、またあの世で再会できます。

いつかご両親と再会できるあの世の世界については、アニメ映画にもなっている大川総裁の書籍「永遠の法」に詳しく書かれています。

書籍を読んでみるか、映画をご覧になってみてください。

書籍「永遠の法」

アニメ映画『永遠の法』

もうひとつ、お伝えしたいことがあります。

ご両親に早く会いたくても、自殺はしてはいけません。

自殺をした人の魂は、天国に行けず、地上で徘徊することになることがほとんどです。

自殺防止サイト「死別」

ご両親との再会を望むからこそ、ご両親から与えられた命を生かして、人生を歩んでください。

苦しくなったら、幸福の科学の支部や精舎に足を運んでみてください。

それが難しければ、お電話やメッセージを送ってくださっても大丈夫です。


【お問い合わせ】

お気軽に幸福の科学の精舎 ・支部・拠点、または、下記サービスセンターまでお問い合わせください。

お近くの幸福の科学を探す

<幸福の科学サービスセンター>

フォームでのお問い合わせはこちら

TEL: 03-5793-1727
(火~金:10時~20時/土日祝(月曜日を除く):10時~18時)

【読者のご質問】

自殺しても天国に逝ける人はいますか?


【編集部の回答】

自殺霊は、原則、天上界に上がれません。

地縛霊になるか、家族や親類などのところにとどまって、あの世行きがなかなかできないでいます。


ただ、自殺した人はすべて天国に入れないかというと、そうではなく、例外があることは事実です。

たとえば、芸術家のなかに、幾つか、そういうケースがあります。

日本で言うと、白樺派の作家で、有島武郎という人がいますが、この人は菩薩界に還っています。自殺という死に方をしましたが、もともと使命があり、人道主義を広めるような立場で生きた人なので、きちんと天上界に還ってきています。

ただし、地獄へ行ったままになっている人も数多いと言われています。

(『永遠の生命の世界』P.109「自殺した人の霊はどうなるか」参照)

詳しくは、自殺防止サイトをご覧ください。

自殺防止サイト

以下の関連記事もおすすめです。

自殺をしてはいけない本当の理由/自殺を思いとどまるための動画!【霊的世界のほんとうの話】

自殺した人の魂はどこへ行くのか【霊的世界のほんとうの話】

PICK UP

「世界から希望が消えたなら。」【10月18日全国ロードショー】
「光り合う生命。―心に寄り添う。2―」【8月30日全国ロードショー】
幸福の科学グループ紹介