人は死んだらどうなる?驚きの真実

Q.人は、死んだらどうなりますか?

A.肉体から離れて魂になります。そして、あの世に還ります。


天国に行く人、地獄に行ってしまう人。
残念ながら、現代では地上で迷ってしまう人もたくさんいます。

自分の死を受け入れられた人は、光のトンネルを抜けて、あの世の入り口に行きます。
そして、映画を見るように自分の人生を振り返り、これから行くべき世界を自分で選びます。

でも生前、この世がすべてと考えて、神もあの世も信じていなかった人は、死んでも自分の死を受け入れられず、この世で迷う人もたくさんいます。
「霊的真実」を知ることが「天国への鍵」です。

目次


【イラスト解説】人は死んだらどうなる?~心肺停止から死後7日、49日、数か月以降まで~

誰もがいつかは迎える死の瞬間。そのとき、人はどんな体験をするのでしょうか。 ご臨終を迎えたあるおじいさんを例に、「死んだらどうなるのか?」を一緒にたどってみましょう。

(1)死後0時間(魂が肉体から抜け出す)

【心肺(しんぱい)停止(医学的死)】

心臓が止まり、肉体が死ぬと、魂は肉体を抜け出し、多くの場合、天井のあたりから自分の肉体を見下ろします。この段階では、魂と肉体をつなぐ「霊子線(れいしせん)」がつながっており、魂は肉体の痛みなどを、まだ感じています。

(2)死後24時間(本当の死)

【通夜(つや)】

通夜式が、通常、死後一日置いて行われるのは、魂と肉体をつなぐ「霊子線」が切れるのを待つためです。死んですぐ荼毘(だび)に付すと、魂と肉体がまだつながっているため、魂は苦しみ、安らかにあの世に旅立てません。

(3)死後数日~約1週間(死の自覚が進む)

【葬儀】

葬儀は単なる儀式ではなく、亡くなった方の魂が自分の死を悟り、この世や家族への執着を断って、あの世への旅立ちの必要性に気づく機会です。僧侶の読経は、本来、亡くなった方にそのことを悟らしめるために行われるべきものです

(4)死後7~49日ごろ(死後の行き先決定)

【初七日~四十九日】

魂は、死後、七日間くらいは自宅周辺にとどまっていますが、死後、四十九日ほどたつと、「導きの霊」などに、あの世へ旅立つことを本格的に促されます。魂が安らかにあの世へ旅立てるように、「初七日」や「四十九日」などの節目で法要を行うのです。

(5)死後49日以降(時々地上を見にくる)

【埋葬】

昨今、「散骨」や「樹木葬」などが流行っていますが、お墓は、死後、自分が死んだと分からずに迷っている魂に、死を悟らしめる縁(よすが)となります。また、遺された人々が、故人に供養の心を手向けるときの、「アンテナ」のような役割もあります。お墓をつくり埋葬することは、大切なことなのです。

(6)死後数カ月以降(時々この世とつながる→またこの世に生まれてくる)

【お盆、その他の供養】

お盆になると、先祖供養が盛んに行われます。お盆の時期には、霊界と地上との交流が盛んになり、「地獄の門が開く」とも言われています。また、新盆(にいぼん。死後、初めてのお盆)を過ぎても、ときどき、先祖を供養することで、天国に還った霊人はもちろん、地獄に墜ちた方にも、光を手向けることができます(※ただし、供養する側の悟りが低いと、死後、迷っている霊の悪しき影響を受けることもあります。まず供養する側が、あの世の知識を学び、心の修行を重ねていることが大切です。)

【生まれ変わり(転生輪廻)】

天国に還った霊人は、一定の期間を霊界で過ごしたのち、次なる魂修行のためにまたこの世に生まれてきます。新たな時代・新たな環境で、また違った経験を積むことで、人は永遠の向上を目指しているのです

人が「死ぬとき」に体験すること

普通の人は自分の死をなかなか自覚できない

霊的世界のほんとうの話。

私たちは、肉体の死によって滅んでしまうわけではありません。肉体には魂が宿っており、死後は、その魂が肉体から離れ、あの世へと旅立っていくわけです。
ところが、通常、自分が死んだことが、なかなか分からないのです。もちろん、亡くなって、その日のうちに、さっと肉体から出ていく人もいますが、普通の人は、自分が死んだことが、すぐには分かりません。そこで、しばらくは、病気の延長のようなつもりで、肉体のなかにいるのです。

天国に還るために最低限知っておきたいこと

死んでから困らない生き方

そういう人は、死んだあと、自分の存在が理解できません。「自分は死んだはずなのに、なぜ、今、生きているのか」ということに対する「答え」がないということです。しかも、そういう生活を送った人の場合、宗教との縁がないため、死んだあと、「そういうことを訊きに行くところがない」という悲しさがあるのです。
 そもそも宗教を否定しているので、宗教関係者のところへは行けませんし、病院に行ったとしても、病院の人が教えてくれるわけでもありません。また、そういう人の場合、家族のほうの理解も十分ではないことが多いのです。

「あの世などない」と確信している人は死後どうなるか

霊界散歩

そういう人にも魂はあるので、死ぬと魂が肉体から離れてあの世に行くわけですが、このタイプの人は、あの世の世界を認識することができません。あの世の存在を断固として否定しているため、そこがあの世であるということを理解することが不可能なのです。
 そういう人の場合は、あの世で、蝋(ろう)細工の人形のようになり、ほとんど寝たままの状態になっています。この世でも、ときどき、「一世紀後に、よみがえってみせる」などと言い、体を冷凍保存して寝ている人がいますが、それと同じように、繭のなかに入っているような感じで、寝たきりのような無意識状態のまま、何十年も、死んだときの状態をずっと続けているのです。

『霊界散歩』より)

【動画】臨死体験インタビュー

【動画】死んだらどうなるシリーズ

【関連記事】人は死んだらどうなる?

天国ってあるの?地獄ってどんなところ?

「天国」も「地獄」も、同じ空間に存在している

地獄の方程式

天国・地獄は、目に見えない世界のどこかにあるのではありません。はるか上空に天国があるわけでもなければ、地面の下に地獄があるわけでもないのです。天国・地獄はみなさんが生きている世界と共存しています。三次元世界のなかにあの世の世界が共存しており、人々の心のなかが、そうした世界へとつながっているのです。

今、心が地獄なら、死後も地獄へ行く

あなたの知らない地獄の話。

「『天国へ行くか、地獄へ行くか』ということには、この世での心のあり方がそのままつながる」ということです。
これは非常に仏教的な考え方です。キリスト教とは少し違いますが、仏教とはこういうものなのです。
 心のあり方とは「悟りの段階」のことであり、「その人の思っていること、心のあり方、悟りの段階が、そのまま、『死んだらどこに行くか』を決める」と言えます。「今、心が地獄なら、死ねば地獄へ堕ちる。今、心が天国なら、死後、天国に行く。菩薩の心を持っている人なら、菩薩の世界に還るだろう」ということです。
 そのように、「今、生きている自分の心のあり方と、死後にいく所とは同じ」であり、この世とあの世を貫いて一貫しているのです。

【関連動画】「天国」も「地獄」も、同じ空間に存在している

【マンガ】霊界ガイダンス~死んでも死なない? 死の直後にこんなことが起こる!~

※クリックすると、マンガ電子版が表示されます。

【図解】霊界マップ~霊界って、こんなに広いのか!~

霊界は広大で自由!心の波長に応じた無数の世界が展開している。
※クリックすると、画像が大きく表示されます。

【関連記事】天国ってあるの?地獄ってどんなところ?

天国に還るための条件

多くの人々を愛し、多くの人々に好かれること

霊的世界のほんとうの話。

もう一つの目安は、非常に簡単なことですが、「多くの人に嫌われて生きたような人は天国にはいない」ということです。天国には人に好かれるような人たちがいるのです。
 人に好かれるような人というのは、結局、多くの人を好いてきた人なのです。多くの人を好きな人は、やはり人に好かれます。そうした法則があるのです。
 したがって、自分は天国に還りたいと思うならば、笑顔を絶やさず、素直な心で生き、多くの人に好かれ、多くの人を愛することができる人物になればよいのです。ここまで行かなければ天国の門は開かないと言ってよいでしょう。
 これは、「その人がいると居心地が悪いと思われるような人は、天国には住めない」ということでもあるのです。

【関連記事】天国に還るための条件

大切な人が亡くなり、悲しんでいるあなたへ

死を悲しみすぎてはいけない

心と体のほんとうの関係。

この世に生きている人間は、いずれは、死という関門を通って、家族や友人たちとの別れを経験します。そして、この世での自分の実績に見合った、次の世界、自分の仲間がいる世界へ行きます。それは、ちょうど、自分の学力に合った中学校や高校、大学に進んでいくようなものです。
 したがって、あまり別れを惜しんではいけないのです。そのためには、「諸行無常」の気持ちを持たなければいけません。

「愛別離苦」―愛する人と別れる苦しみ―

信仰論

「愛別離苦(あいべつりく)」があります。愛する人と別れる苦しみです。「この人とだけは別れたくない」と思う人と別れなければならない苦しみです。その対象は、子供、親、妻、夫、恋人、友人、先生、同僚など、さまざまですが、「この人とは、生涯、一緒にいたい」と思うような人と別れなければならない苦しみは、一生のあいだに必ず人間を襲います。
(中略)愛別離苦は、だれもが人生のどこかで必ず経験します。
これは「四苦八苦」といわれ、人間にとって逃れられないものなのです。
 結局、「人間の苦しみのほとんどは、肉体中心の考え方から生まれてくる」ということです。
 したがって、みなさんが反省を行なう際には、まず、生・老・病・死の四苦を思い出してみてください。そして、「この世の肉体はむなしいものであるから、霊的なる自分を大切にしよう」と思うことが大事です。
(中略)このことを知らないと、知らず知らずのうちに肉体中心に物事を考えるようになるのです。

(『信仰論』より)

【関連動画】大切な人が亡くなり、悲しんでいるあなたへ

【関連記事】大切な人が亡くなり、悲しんでいるあなたへ

お彼岸やお盆でご先祖や故人が成仏する正しい供養とは?

子孫が真理を学ぶことが最大の供養になる

正しい供養 まちがった供養

来世では、反省さえきちんとすれば、みな天国に還れます。自分自身の心の針の方向を変えて、思いを入れ替えれば天国に還れるのです。しかし、亡くなったご先祖には、そういうことが分からないので、生きている子孫のほうが実践してみせるのです。
あの世は思いの世界であり、地上の人が考えていることは、あの世の霊にも伝わります。
地上の人が、亡くなった人に対し、「あなたはこうした点が間違っていたのです。それを反省しましょう。私自身も努力して生き方を変えていきますから、あなたも修行しましょう」と念じて、五年、十年と修行を続けていくと、あの世の霊も次第に浄化され、救われるのです。

【関連動画】お彼岸やお盆でご先祖や故人が成仏する正しい供養とは?

【関連記事】お彼岸やお盆で先祖や故人が成仏する正しい供養とは?

霊的人生観を持とう

唯物論から愛は生まれない

愛、無限 〔新装版〕

「あの世は存在する。そして、数多くの魂が、この地上に生命を持って生まれ変わってきている」ということを認めることができない人たちは、気の毒ではありますが、人生というものを「非常につまらないものだ」と思っているのではないかと私は思うのです。
 なぜならば、そうした人たちは、「人間は、何年か何十年かのちには、死んで土に還る存在、二酸化炭素と水に変わってしまう存在だ」と思っているからです。二酸化炭素の成分は炭素と酸素です。炭素は炭と同じ要素でできていますが、それがそれほど尊いものでしょうか。「そうではない」と私は言いたいのです。
 唯物論的に「物質のみが存在する」と言い張るのは結構ですが、それは、自分自身に対しても、他の人に対しても、親切なことではありません。なぜなら、その考え方には、「愛」という言葉の生まれてくる余地がどこにもないからです。

 愛が生まれてくる原点には、生きているものの尊さに対する無限の信頼があります。「生きているもののすべてが尊い」と思わずに、どうして愛の気持ちが湧き起こってくるでしょうか。地球や、そこに生きている人間が、宇宙の塵にも等しい、つまらない存在であるならば、どうして愛が生まれてくるでしょうか。
 人間が、そうしたつまらない存在であるならば、この二、三千年、あるいは、それ以上の長きにわたる、文明・文化という名の営み自体が、わずか数十年だけ地上に生きる人間の慰み事にしかすぎないことになってしまいます。すべての宗教や道徳は、また、おそらくは哲学も、虚妄、世迷い言となってしまうでしょう。
 「人間は、一時の仮の世である、この世だけの存在ではなく、はるかなる世界に永遠のすみかを持つ存在であり、この地上に幾度も生まれ変わってきては、また去っていき、また来たる存在なのです」
 このように考えることができる人にとっては、他の人には苦悩に満ちた地上界が、きっとユートピアのごとく見え、まったく違った世界が展開していくでしょう。そのときに初めて、人生というものは、虚しいものではなく、積極的なる意味を持ったものになると思うのです。
 したがって、真実の人生を生きるためには、その出発点として、「霊的なる人生観」を打ち立てる必要があります。これなくしては、いくら議論を積み重ねたとしても、すべてが虚しくなるのです。

生きている間に「霊的人生観」を知ろう

エイジレス成功法

今、みなさんは肉体に宿って生活していますが、
肉体が人間のすべてではありません。
肉体のなかには、昔から言われているように、
「魂」がほんとうに入っているのです。
そして、あの世での行き場所を決めるものは、
この世での生き方そのものです。

こうした霊的人生観を受け入れて生きている人と、
受け入れずに生きている人とでは、
やはり人生に大きな差が出てきます。
霊的人生観を持っている人にとっては、
日々の仕事や生活が、学びの場になります。
一方、「こんなものは信じられない」と思っている人にとっては、
すべてが偶然の連続になります。
「死後の世界など分からないから、考えても無駄だ」と思うのでしょうが、
結局、あとで大きなつけが回ってくるのです。
このことについては、私自身の三十年近い経験から見て、
「疑う余地はない」と述べておきたいと思います。

【図解】霊的人生観~人は目的を持って生まれ、死後はあの世に還る(生まれ変わり)~

霊的人生観」とは、「人間は魂修行をするためにこの世に生まれてきた存在である」という真実に基づく人生観です。人はどのようにして生まれ、人生を生き抜き、あの世に還っていくのか。転生輪廻のサイクルをイラストで紹介します。
※クリックすると、画像が大きく表示されます。

【関連記事】霊的人生観を持とう

人はなぜ生まれ変わってくるのか?

人は転生輪廻によって魂の経験を豊富にする

生命の法(いのちのほう)

人は、何度も何度も、何十回、何百回、あるいは、それ以上の回数の転生輪廻を繰り返している以上、そのあいだには、さまざまなパターンの人生があり、そのつど、さまざまな経験を積んでいるのです。毎回、まったく同じ人生ばかりでは経験になりません。たとえば、若くして死ぬこともあれば、人生の最盛期に死ぬこともあり、晩年に死ぬこともあります。親より先に子供が死ぬこともあります。
あるいは、男の体に生まれたり、女の体に生まれたりして、違った性の経験を積むことがあります。
過去世で男性に生まれたときに、家庭において、あまりにもワンマンで暴力的だったような人は、「今回は、女性に生まれ、前回とは反対の立場で自分自身を観察してみなさい。相手のことを考えてみなさい」と言われ、女性として生きる経験をすることがあります。逆に、女性としての転生が続いている人は、「人生経験での収穫が減ってきたから、今度は男性で生まれてみなさい」と言われることもあります。ただ、男性としての転生が続いている人であったとしても、「仕事柄、やはり、ずっと男性として生まれたほうがよい」と言われる人もいます。
このように、人生計画には、さまざまなものがありますが、要するに、「魂の経験を豊富にする」という観点から転生輪廻の計画は立てられているのです。

【関連記事】人はなぜ生まれ変わってくるのか?

信仰心が来世の行き先を決める

天上界に上がるには信仰が必要

あなたは死んだらどうなるか?

霊界は、完全に、信仰の偏差値による輪切りの世界になっています。
そして、地獄界は、基本的に信仰心がない人たちの世界です。そこには、神も仏も信じていない人たちや、生前、宗教心があるように装っていたけれども、実は偽善者で、ほんとうは信じていなかった人たちがいます。
天上界に上がるには、まず信仰が必要です。信仰とは仏や神を信じる心です。とりあえず、「人間は霊的存在である。霊界こそが、ほんとうの世界であり、地上は仮の世界である」ということを信じなければ、天国に入れないのです。

【関連記事】信仰心が来世の行き先を決める

本当の幸せを見つけませんか?

「心が変わると、人生が変わる」。この奇跡が臨むキーワードは、私たち一人ひとりの「信じる心」です。あなたも、幸福の科学で心の教えを学びませんか。毎日のように起きている、"幸せをつかんだ感動の実話"の体験者になりましょう。

参考書籍・映像作品

人はなぜ生まれてくるのか。人は死んだらどこに行くのか。
こうした根源的な問いに答えることこそ、宗教の大きな使命であると幸福の科学は考えます。
霊的な真実を知ることで、人生は大きく変わります。このサイトでは様々なテーマで霊的真実をお伝えしています。


【募集】ご質問・ご感想をお寄せください。

どのようなことでも結構です。お気軽にメッセージをお寄せください。

読者のご質問への回答

記事をお読みになられた方から頂いたご質問に、幸福の科学の教えをもとに編集部より回答いたします。

【読者のご質問】

先に逝ってしまった両親には会えますか?私はもうすぐ13歳で、死のことばかり考えて涙が止まらなかったり、心臓がバクバクしていて苦しいです。


【編集部の回答】

それは大変お辛い状況ですね。

いま、お亡くなりになったご両親は、目には見えない魂となって、泣いて苦しんでいるあなたを心配して見守っていることと思います。

死は、永遠の別れではありません。

あなたがこの世での人生修行を終えたら、またあの世で再会できます。

いつかご両親と再会できるあの世の世界については、アニメ映画にもなっている大川総裁の書籍「永遠の法」に詳しく書かれています。

書籍を読んでみるか、映画をご覧になってみてください。

書籍「永遠の法」

アニメ映画『永遠の法』

もうひとつ、お伝えしたいことがあります。

ご両親に早く会いたくても、自殺はしてはいけません。

自殺をした人の魂は、天国に行けず、地上で徘徊することになることがほとんどです。

自殺防止サイト「死別」

ご両親との再会を望むからこそ、ご両親から与えられた命を生かして、人生を歩んでください。

苦しくなったら、幸福の科学の支部や精舎に足を運んでみてください。

それが難しければ、お電話やメッセージを送ってくださっても大丈夫です。


【お問い合わせ】

お気軽に幸福の科学の精舎 ・支部・拠点、または、下記サービスセンターまでお問い合わせください。

お近くの幸福の科学を探す

<幸福の科学サービスセンター>

フォームでのお問い合わせはこちら

TEL: 03-5793-1727
(火~金:10時~20時/土日祝(月曜日を除く):10時~18時)

【読者のご質問】

自殺しても天国に逝ける人はいますか?


【編集部の回答】

自殺霊は、原則、天上界に上がれません。

地縛霊になるか、家族や親類などのところにとどまって、あの世行きがなかなかできないでいます。


ただ、自殺した人はすべて天国に入れないかというと、そうではなく、例外があることは事実です。

たとえば、芸術家のなかに、幾つか、そういうケースがあります。

日本で言うと、白樺派の作家で、有島武郎という人がいますが、この人は菩薩界に還っています。自殺という死に方をしましたが、もともと使命があり、人道主義を広めるような立場で生きた人なので、きちんと天上界に還ってきています。

ただし、地獄へ行ったままになっている人も数多いと言われています。

(『永遠の生命の世界』P.109「自殺した人の霊はどうなるか」参照)

詳しくは、自殺防止サイトをご覧ください。

自殺防止サイト

以下の関連記事もおすすめです。

自殺をしてはいけない本当の理由/自殺を思いとどまるための動画!【霊的世界のほんとうの話】

自殺した人の魂はどこへ行くのか【霊的世界のほんとうの話】

PICK UP

幸福の科学グループ紹介
「世界から希望が消えたなら。」【10月18日全国ロードショー】