人間の「寿命」は決まっているもの?【霊的世界のほんとうの話】

Q. 人間の「寿命」は決まっているのですか?

A.努力によって寿命は延ばせます。

地上にいる存在理由があれば、寿命が延びることもある

一般に、寿命というものがあると言われていますが、これは百パーセント決まったものではないのです。寿命が延びるための根拠、理由は何かというと、それは、「その人がこの地上にいる存在理由がある」ということです。存在理由がなければ、地上を去ります。存在理由があれば、地上にいることが許されるのです。寿命を延ばしたい人は、自分の存在理由をつくらなければなりません。存在理由のいちばん大きなものは、「年をとってからでも、する仕事がある」ということです。したがって、それを設計しておくことが大事です。

人生の節目で自己変革を

人間の「寿命」は〜

努力によって寿命は実際に延ばせるのです。人生のなかには、やはり、節目としての曲がり角があります。これは、予定として、ある程度はあります。五十五歳、あるいは七十歳、七十五歳、八十歳……と、いろいろなところで、節目、曲がり角があります。この節目のところで思想的に変革が起きた場合には、寿命が延びることがあるのです。 「先行きがもう短い」と思っている方にアドバイスするならば、「思いきって百二十歳ぐらいまで計画を立ててください」ということです。百二十歳計画を立てたときに、悩みは消えます。しなければならないことが、はっきりします。順次、それを実行に移すことです。そして、「道の途中で倒れても、またよきかな」という気持ちでいればよいのです。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part2-Chapter2「運命は変えられるか」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

PICK UP

幸福の科学グループ紹介
全国で数多くの議員が活躍しています【幸福実現党】
幸福実現党党首・釈量子が命を懸ける理由