正しい宗教に入信すると何かメリットはありますか?【霊的世界のほんとうの話】

Q.正しい宗教に入信すると何かメリットはありますか?

A.死後、必ず、あの世での導きや救いが得られます。「来世保険」であるといえます。

死後、あの世での導きを得られる

「とりあえず」というかたちであったとしても、何かの宗教、宗派に縁があったほうがよいのです。死後、お父さんやお母さん、親類縁者が迎えに来てくれることが多いのですが、必ず来てくれるとは限りません。自分も修行中であるために出てこられない人もいます。そういう場合には、少し救いが遠のいてしまい、苦労することがあるので、やはり、何かの宗教に縁があったほうがよいのです。自分自身は信仰を持っていなくても、友達や身近な人のなかに信仰を持っている人がいれば、ありがたいことに、それでも縁ができます。信仰心のある人は、友達が死んだときには、その人の死後のことを心配して、一生懸命に弔ったり、「成仏するように」と冥福を祈ったりします。そうすると、死んだ友達は、その信仰心のある人の守護霊や、その人の宗教の指導霊団とつながりができ、「あの人の友達だから、導きに行かなければならない」と思われ、手配をしてもらえるのです。それで、あの世での行き場所が決まります。

最大のメリットは「来世保険」

37正しい宗教に入信すると何かメリットはありますか?

あの世へ行ったときに、全然、案内人がつかないというのは厳しいものです。死後、魂は体から離れ、トンネルを抜けて光の世界に入り、お花畑を通って三途の川に出ます。日本では川の場合が多いのですが、湖の場合もありますし、山の峠を越えることが三途の川を渡る代わりになっていることもあります。そのように、いろいろな場面が出てくるのですが、そのときに何らかの導きは必要なのです。そのために、宗教者たちは、この世において真理の伝道をし、この世で伝道し損ねた場合には、あの世へ行ってから、また導きの仕事をしています。
正しい宗教に入ると、必ず、その宗教を縁とした導きをいただくことができます。宗教の最大のメリットは「来世保険」であるといえるでしょう。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は『霊的世界のほんとうの話。』を参考に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

関連記事

あの世ってどんな世界?【霊的世界のほんとうの話】

Q.あの世はどんな世界ですか? A.住む人の「心」に合わせて、いろいろな世界があります。 あの世はこの世と同時に存在している あの世や霊界と言われる世界は、「雲の上」などにあるわけではありません。実は、私たちが生きている…
> 続きを読む

「くも膜下(まくか)出血で倒れ、死後の世界を見てきました」【臨死体験者インタビュー】

「人は死んだらどうなるのか?」という問いは、誰しも抱いたことがあるのではないでしょうか。その問いに答えを与えてくれるのが、「死後の世界を見た」という数多くの臨死体験者たちの証言です。そうした体験者の1人で…
> 続きを読む

幸福の科学の支部ってどんなところ? 支部長への一問一答も!

幸福の科学は、集いや活動の拠点である支部を全国・全世界に展開しています。支部は“心の広場”として、たくさんの方に向けて開かれていますが、実際に訪問したことがない方にとっては、どんなところなのか、イメージが湧きづらいのではないでしょうか。そこで、実際に支部を訪問し、これまでにお問い合わせで寄せられたことのある質問を、支部長への一問一答というかたちで直撃レポートしてみました。
> 続きを読む

幸福の科学の精舎ってどんなところ? 出家者への一問一答も!

幸福の科学は、祈願や研修を行う宗教施設である精舎を全国・全世界に展開しています。精舎や正心館(しょうしんかん)(大型の精舎のこと)はとてもキレイな建物なので、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。精舎は、会員信者でない方も訪れることができます。
> 続きを読む

映画公開情報