『見せ方は上手だが・・・バイデンで果たして大丈夫か?』(「ザ・リバティ」2021年7月号)5/28(金) 発刊【幸福の科学書籍情報】

「ザ・リバティ」は「リバティ(Liberty 自由)」に「真の」という意味をもつ「ザ(The)」を冠し、信教の自由、責任を伴う選択の自由や創造の自由など、宗教的真理と普遍的価値観に基づく「真の自由の創設」を目指しています。

見せ方は上手だが・・・バイデンで果たして大丈夫か?|5/28(金)発刊

● 大川隆法[未来への羅針盤]/違いを強調するよりも相等しきを見る

● 見せ方は上手だが・・・バイデンで果たして大丈夫か?/[インタビュー] 評論家 宮崎 正弘、トランプ前大統領の経済顧問 アーサー・B.ラッファー、アナリスト 山中 泉、歴史学者 ビクター・ディビス・ハンソン

● いよいよ始まったウイグル化する香港/新疆(ウイグル)の武装警察を投入し、新疆式“収容所”を建設—

● ミャンマー・クーデターの黒幕は中国だった!/[インタビュー] 民主活動家 ウィン・チョウ
● 【地域シリーズ 静岡】—川勝知事の静岡県“中国化”を許すな—静岡県なくして日本の繁栄なし/[インタビュー] 元菊川市長 太田 順一、菊川市議会議員 須藤 有紀、HSU教員 河田 成治
● やっぱりそうか!イギリス型とインド型は中国のウィルス兵器だった
● 【映画監督Interview】監督・脚本・プロデューサー 清水ハン栄治 それぞれの「トゥルーノース」を探してほしい

関連リンク