元航空自衛官が語る中国スパイ気球の実態!日本は改憲せずに気球撃墜は可能?【ザ・ファクト】

2月に入って、アメリカ・カナダ上空で続々と気球などの飛行物体が撃墜されている。
2019年から2022年にかけて、日本にも同様の物体が確認されていた。
防衛省もこの物体について「中国が飛行させた無人偵察用の気球と強く推定される」と発表するなど、
この気球問題を巡って対応に追われている。
なぜ日本は今まで見過ごしていたのか?相次ぐ飛行物体に日本にはどのような防衛策が必要になるのか?
今回のザ・ファクトは元航空自衛官・河田成治氏へのインタビューを通じて、日本の防衛策に迫る。

00:00 オープニング
00:40 日本にも飛来していた!次々と明らかになる中国気球の実態
02:58 各国が気球を撃墜する中 なぜ日本は撃墜へと動かなかったのか
04:34 中国から飛来する気球を 日本が撃退することは可能なのか?
06:17 尖閣諸島でも続く領空侵犯 今の日本に何ができるのか
08:43 日本の防衛法整備 いま変えるべき考え方とは

------------------------------------------------------------
◆「THE FACT」登録はこちら/Subscribe↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=theFACTtvChannel
□「THE FACT」公式ページ
https://thefact.jp/
■「THE FACT」Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/thefact777
■「THE FACT」Twitter
https://twitter.com/thefact_tv
------------------------------------------------------------

関連動画

習近平とバイデンは既に「手打ち」している?米中会談の内幕と「台湾侵攻」のタイミング【ザ・ファクト】

習近平とバイデンは既に「手打ち」している?米中会談の内幕と「台湾侵攻」のタイミング【ザ・ファクト】

13日に行われた台湾総統選では頼清徳新総統が誕生。この結果に対して中国政府は「主流の民意を代表できないことを示した」と反発するなど、早くも台中関係に緊張が走っている。頼新総統で今後の台中関係はどのよ...

台湾研究の第一人者・浅野和生氏に聞く!総統選で示した台湾人の民意を徹底解説!【ザ・ファクト】

台湾研究の第一人者・浅野和生氏に聞く!総統選で示した台湾人の民意を徹底解説!【ザ・ファクト】

1月13日に行われた台湾総統選では民進党の頼清徳氏が558万票で当選。大きな争点となっていた対中問題については蔡英文総統の意思を引き継ぐ結果となったが、立法委員選挙では民進党は過半数割れし、拗れが生...

【現地レポート】台湾人はなぜ「総統は民進党」「第一党は国民党」を選んだのか? 台湾人に聞いた総統選の民意とは!【ザ・ファクト】

【現地レポート】台湾人はなぜ「総統は民進党」「第一党は国民党」を選んだのか? 台湾人に聞いた総統選の民意とは!【ザ・ファクト】

13日に行われた台湾総統選では民進党・頼清徳氏が勝利したが、同時に行われた立法院選挙では民進党が過半数割れして「捻じれ」が発生した。対中国との距離感が大きく問われた今回の総統選だったが、現地はどのよ...

岸田首相は「インフレという名の火事」に油を注いでいる!?自由主義経済学の専門家と2024年激動の日本経済を大胆予測!【ザ・ファクト】

岸田首相は「インフレという名の火事」に油を注いでいる!?自由主義経済学の専門家と2024年激動の日本経済を大胆予測!【ザ・ファクト】

1月4日、岸田首相は年頭記者会見で物価上昇を上回る賃上げや所得税・住民税の定額減税などを軸とした経済政策について方針を示した。しかし、現実はインフレと円安が加速して国民生活はひっ迫し国際競争力も低下...

“宗教性悪説”と日本の空気支配【ザ・ファクト】

“宗教性悪説”と日本の空気支配【ザ・ファクト】

昨年7月に安倍元首相が暗殺されたことをきっかけに、旧統一教会に対して解散命令請求が申し立てられた。確かに同教団には多くの問題があり糾弾されるべきであるが、そもそも逆恨みによって発生した殺人事件を「宗...

PICK UP

『小説 揺らぎ』大川隆法書き下ろし小説
『小説 とっちめてやらなくちゃ-タイム・トラベラー「宇高美佐の手記」』大川隆法書き下ろし小説
『十年目の君・十年目の恋』(作詞・作曲:大川隆法)