マスターの条件―大川隆法総裁 心の指針183―

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の布教誌月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

月刊誌で心の指針を読みたい方は、月刊「幸福の科学」2020年3月号でもご覧いただけます。

市川和博(いちかわかずひろ)

幸福の科学 専務理事(兼)国際本部長

1971年、東京都生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。大手外資系医薬品メーカー勤務を経て、1998年幸福の科学に奉職。国際局長、常務理事などを歴任し、2011年11月より現職。

「マスター」は「宗教的指導者」を意味する言葉でもありますが、私はこの「心の指針」には、単なる宗教指導者像を超えて、「マスターのなかのマスター」とでも言うべき存在のお姿が示されていると感じました。

神の心を伝えるマスター

「マスターは何が善で、何が悪かを定める」とありますが、現代は、宗教や国家間の軋轢(あつれき)、環境問題やLGBT問題など、数多くの価値観の対立があります。その混迷から人々を救うために、「現代のマスター」である大川隆法総裁が、「神の目から見た正しさ」を説き続け、その教えが広がっていく姿を、私は世界中で目にしてきました。

現代のマスターの教え

例えば、大川総裁は世界最大の霊能者として、あの世の霊人の言葉を伝える「霊言」を1000回以上行っています。既に5冊も発刊されている習近平国家主席の守護霊霊言では、マスコミ報道よりも先に、“世界皇帝”を目指す習氏の戦略や、ウイグル弾圧の実態を明かされました。その後、習氏への国際的批判が高まり、一帯一路構想も警戒されるようになっています。

また、米イラン対立については、両国首脳の守護霊霊言を通して、公式には報道されない彼らの本心を公開し、意見の相違をどう乗り越えるべきかを説いています。

大川総裁は、こうした国際問題に答えを示すのみならず、歴史上初めて、全人類の「親」である「地球神」の存在を明かし、世界の人々が憎しみを捨てて融和するために、海外での講演も続けておられます。

現在、100カ国以上の人々が、キリスト教やイスラム教等の垣根を越えて、この信仰の下に結ばれていますが、私は、マスター大川の教えが、今、世界に本当に求められているのだと実感しています。

この教えを世界の隅々に伝え、幸福を広げていきたいと思います。


本内容は、月刊「幸福の科学」第397号より転載し、編集を加えたものです。

大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、定期購読もできますので、ぜひご利用ください!

関連動画

人の時間を奪うな―大川隆法総裁 心の指針198―

人の時間を奪うな―大川隆法総裁 心の指針198―

人の時間を奪う人は、本当は仕事が出来ない。人の時間を活かしてあげる人こそ、真の仕事の達人でもある。

他人を本当に愛するには。―大川隆法総裁 心の指針197―

他人を本当に愛するには。―大川隆法総裁 心の指針197―

人間は一人になってみて、初めて、自分が身勝手であったこと、わがままであったことに気づくものだ。

自己中―大川隆法総裁 心の指針196―

自己中―大川隆法総裁 心の指針196―

さて、「自己中」の探究だ。しかしサンプルは、あなたの周りにワンサカいることだろう。いや、あなた自身も、「自己中人間」かもしれない。

自己愛―大川隆法総裁 心の指針195―

自己愛―大川隆法総裁 心の指針195―

人は、他者への愛は、教わらなければ分からない。けれども自己愛だけは、教わらなくとも自然に芽生えてくる。

思い残し―大川隆法総裁 心の指針194―

思い残し―大川隆法総裁 心の指針194―

人間は、良く教育を受けなければ、欲望の動物である。

PICK UP

『秘密の法―人生を変える新しい世界観―』
幸福の科学紹介映像(2020年エル・カンターレ祭ver )
映画『美しき誘惑-現代の「画皮」-』特報【2021年5月14日(金)ROADSHOW】