ユーモアのセンス ―大川隆法総裁 心の指針162―

今月の「心の指針」では、人生におけるユーモアの効力が説かれました。ユーモアとは、人の心を和ませるような、笑いを誘う上品なしゃれのこと。幸福の科学 琵琶湖正心館 大嶋恒夫(おおしまつねお)館長に、ユーモアを語れるようになる秘訣を聞きました。

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の機関誌 月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

月刊誌で心の指針を読みたい方は、月刊「幸福の科学」6月号をご覧ください。

笑いを取ろうとして大失敗

私が、幸福の科学のある支部で支部長をしていたときのことです。「悩んでいる方に、仏法真理を楽しく伝えて、お救いしたい」という理想を胸に、一般の方向けに、笑って学べる「悩み解決セミナー」を企画しました。

そこで、笑えるネタを入れた説法の台本を作り、トークの研究と練習を重ねて、地域にチラシを配布。準備を進めていきました。

そして迎えたセミナー初日。私は張り切って話し始めましたが、笑うはずの所で、誰一人、クスリともしません。皆、私の顔をじっと見つめるばかり。背筋に冷や汗が流れました。もう生きた心地がしません。なんとか一時間の説法を終えたとき、(ああ、完全に失敗! 喜んでもらえなかった)と落胆してしまいました。

ところが説法後の茶話会で、なんと、数人の方が入会されたのです。(説法は散々だったのに、一体どうして?)と意外に思って理由を聞くと、「あなたが一生懸命だったから」とおっしゃいます。

笑いを取るのは失敗しましたが、「喜んでほしい」という「愛の心」、「真実の心」は伝わったのかなと、逆にこちらが救われたような思いがしました。

ユーモアの奥にある愛

さらにその数日後。入会した方が、支部に人生相談に来られるようになったのです。「ここに来れば話を聞いてもらえる」と、友人知人を連れて来る方も。私はお一人おひとりの悩みを伺い、真心を込めて、仏法真理をお伝えしていきました。

すると、次のセミナーの参加者も増え、約半年で71名の方が教えを学びたいと入信されたのです。

大川隆法総裁は「ユーモアの底には、愛が流れているべきだと思う」と説かれました。人生相談の場でも、相手への「愛」があると、自然と、自分の失敗談を笑い話にして話せたり、心を軽くするユーモアが口をついて出ることも。そういう意味で、ユーモアは形を変えた「愛」なのではないでしょうか。「愛」の心を大切に、教えを伝えてまいります。

本内容は、月刊「幸福の科学」第376号より転載し、編集を加えたものです。
大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、定期購読もできますので、ぜひご利用ください!

関連動画

人間の成長力 ―大川隆法総裁 心の指針170―

人間の成長力 ―大川隆法総裁 心の指針170―

力を振り絞る ―大川隆法総裁 心の指針169―

力を振り絞る ―大川隆法総裁 心の指針169―

思い出の中に生きる ―大川隆法総裁 心の指針168―

思い出の中に生きる ―大川隆法総裁 心の指針168―

一日一生 ―大川隆法総裁 心の指針167―

一日一生 ―大川隆法総裁 心の指針167―

親子の逆転 ―大川隆法総裁 心の指針166―

親子の逆転 ―大川隆法総裁 心の指針166―