法の網の目 ―大川隆法総裁 心の指針171―

(最終更新:

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の布教誌月刊「幸福の科学」 で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

月刊誌で心の指針を読みたい方は、月刊「幸福の科学」3月号 でもご覧いただけます。


今月の「心の指針」では、大川隆法総裁 が数々の多様な教えを説き続ける真意が語られました。これまで千人以上の方を取材し、「法の網の目」で人々が救われていく姿を見てきた、布教誌編集局 局長 船井久理子(くりこ)が解説します。

千人の取材を通して

いつも、この月刊「幸福の科学」 を愛読くださり、ありがとうございます。

私はこれまで、布教誌の編集者として千人を超える方々の信仰体験を取材させていただきました。共に涙し、魂に寄り添いながら取材するそのプロセスは、出家前の新聞記者時代とはうってかわり、深い魂の感動と喜びを伴うものでした。医師も見放す病から奇跡の復活を遂げた方、会社倒産のどん底から人生再建した方……。人間が180度変わったさまを目の当たりにしてきたのです。

大川総裁 は現在2500書の著書を発刊しています。信者の方の体験を伺いますと、救いとなった教えは、この一冊とか、これら全ての本を読んで、ではありません。この本の中のこの一行、この一片、であったりします。何百万ページにも及ぶ教えの中のたった一言が、一人ひとりの人生を変え続けていました。それぞれの人によって違う“その一言”のために、仏は夜を日についで膨大な法を編み続けておられるのです。

救済の御手が全ての人に

私自身も、両親との葛藤で苦しみ、問題児だった10代を過ごし、愛欠乏症人間として生きていました。しかし信仰に出合い、眼前の出来事は過去世をも含む原因結果の法則により展開している事であり、未来の幸福のために、現在ただ今から良き種を播(ま)いていこう、愛を与える側に立とうと決意し、現在にいたっています。

時に、偏見や誤解から、信仰を揺さぶろうとする出来事にも遭遇しますが、私が目の当たりにした千例を超える幸福や奇跡の真実への確信がありますから、心は揺れません。真実を伝えなくては、と一層思うのです。

現在も仏の教えは、心の教えはもちろんのこと、政治経済、教育、芸能、晩年の過ごし方、宇宙の法にいたるまで、広がり続けています。小説「蜘蛛の糸」の如く、仏の救済の御手(みて)があなたにも差し伸べられていることをお伝えするべく、仏からの“おふみ”でもあるこの月刊誌をこれからもお届けしてまいります。


本内容は、月刊「幸福の科学」第385号より転載し、編集を加えたものです。

大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、定期購読 もできますので、ぜひご利用ください!

関連動画

開かれた社会―大川隆法総裁 心の指針234―

開かれた社会―大川隆法総裁 心の指針234―

現代の知識人には、霊魂や霊界の存在を伝える、哲学者プラトンが、人間を迷信の殻に閉じ込める暴君に、見えてしかたないらしい。また、プラトンとともに、神への体系を築こうとする哲学者ヘーゲルも、全体主義に見え...

悟りの奥義―大川隆法総裁 心の指針233―

悟りの奥義―大川隆法総裁 心の指針233―

ある人が、「悟りの奥義」を教えてほしいと、夢の中で訊ねてきた。それが判らないから、仏教学も、哲学も、二千五百年間、ガラクタの山を築いてきたのに。

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

どうやったら、人の仕事能力が測れるのか。結構、難しい問題だ。

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様も実は困っているのだ。貴族制を維持すると、怠け者が増え、堕落する者が満ち、「色」「金」「欲」で、この世に執着する者が増える。

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

若い頃は、他人と自分とを比べて、その違いに苦しむことが多かった。たいていは、他人が優れてみえて、自分の劣ったところばかり気にしたものだ。

PICK UP

『小説 揺らぎ』大川隆法書き下ろし小説
『小説 とっちめてやらなくちゃ-タイム・トラベラー「宇高美佐の手記」』大川隆法書き下ろし小説
『十年目の君・十年目の恋』(作詞・作曲:大川隆法)