頭はついているか ―大川隆法総裁 心の指針177―

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の布教誌月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

月刊誌で心の指針を読みたい方は、月刊「幸福の科学」9月号でもご覧いただけます。


今月の「心の指針」では、指導者に必要な資質と、その要諦(ようてい)が説かれました。HSU ※経営成功学部で教鞭(きょうべん)をとる石見泰介(いわみたいすけ)さんに、大手コンサルタント会社での経験を踏まえて、「考え抜く力」を磨くことの意義や、その方法を聞きました。

※ HSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)とは、幸福の科学が運営する高等宗教研究機関です。

相手のニーズを「考え抜く」

私は以前、大手コンサルタント会社で、経営者とコンサルタントをつなぐ営業の仕事をしていました。入社したてのころは、上司に言われるまま数百件に訪問営業しましたが、契約は一件も取れませんでした。

(自社が売りたいモノではなく、相手が欲しい企画を提供しなければ、売れないのではないか)

そう思った私は、経営者のニーズがどこにあるかを考えながら、情報収集することを習慣にしました。

ある日、新聞の小さな記事で、ある自動車ディーラーの人事異動を知りました。その瞬間、「これは近々、代替わりかも」と気づいたのです。そこで、今その企業に最も必要な企画を考え抜いて営業に行きました。すると、社長とその息子である取締役にとても喜ばれ、即、契約がまとまったのです。お客様の立場で考え抜くことの大切さを感じました。

高度な判断の秘訣は信仰心

私は幸福の科学に出家した後は、大川隆法総裁が説かれる経営論を学びながら、さまざまな経営者のご相談をお受けしてきました。

そのなかで、「成長する会社」には、やはり「考え抜く力がある」と学ばせていただきました。具体的には、経営理念や社訓などの「考える支柱」をもとに、重要な経営判断をされていました。そして、日々の経営判断に必要な勉強や情報収集も怠らず、自社が打った手を反省し、教訓や智慧を蓄え続けておられました。

また、世の成功者の多くは、何らかの「信仰心」を持っておられますが、これが最も重要な点です。

神仏を信じていない方は、この世的には頭が良くても、自分中心で物事を考えてしまいますが、神仏の教えを学び、反省や瞑想、祈りを習慣にしている方は、天上界のご指導を受けて、経営判断に磨きがかかっていきます。そうした「神仏の御心」を学べるのが、大川隆法総裁が創立されたHSUの魅力でもあります。

「信じること」と、「考え抜くこと」の両輪が、経営者に限らず、人生の応用問題を解く力になります。


本内容は、月刊「幸福の科学」第391号より転載し、編集を加えたものです。

大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、定期購読もできますので、ぜひご利用ください!

関連動画

弱さを知る ―大川隆法総裁 心の指針176―

弱さを知る ―大川隆法総裁 心の指針176―

結婚への憧れ ―大川隆法総裁 心の指針175―

結婚への憧れ ―大川隆法総裁 心の指針175―

なぜ笑う ―大川隆法総裁 心の指針174―

なぜ笑う ―大川隆法総裁 心の指針174―

心の弱さに耐える ―大川隆法総裁 心の指針173―

心の弱さに耐える ―大川隆法総裁 心の指針173―

柔和忍辱の心 ―大川隆法総裁 心の指針172―

柔和忍辱の心 ―大川隆法総裁 心の指針172―