たとえ世界から希望が消えたとしても・・・ ―大川隆法総裁 心の指針178―

(最終更新:

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の布教誌月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

月刊誌で心の指針を読みたい方は、月刊「幸福の科学」10月号でもご覧いただけます。

樅山英俊(もみやまひでとし)

幸福の科学 メディア文化事業局 チーフ/映画「世界から希望が消えたなら。」プロデューサー

今月の「心の指針」を読んで、皆さまは何を感じられましたか。私は、人間の立場を超えて、「宇宙」にまで広がる視点を持った、「神仏やメシア(救世主)の思い」が込められていると感じました。それは、私たち人間が何度間違いを犯そうとも、その可能性を信じて育み続ける、まるで親が幼い子供を見守るような、慈しみに満ちた「愛のまなざし」だと思います。

救世主の愛を感じる映画

今年10月公開の、大川隆法総裁製作総指揮の映画「世界から希望が消えたなら。」 には、人類のために命をかける救世主の姿が描かれています。主人公・御祖真(みおやまこと)は、ベストセラー作家として成功していましたが、突如、病に倒れ、死の宣告を受けてしまいます。しかし、病床で自らの使命に目覚め、救世主として、人類を救う「新たな思想」を弘めるために立ち上がるのです。

この映画は、大川総裁の実体験を元に描かれていますが、御祖真の姿を通して、「個人的な幸せを捨ててでも人々を救いたい」と願う、救世主の愛を感じていただけると思います。

また、人々への愛のために使命を果たそうとする御祖真の姿が、きっと、皆さまご自身にとっての「人生の使命」をつかむきっかけにもなると思います。どうぞ、お楽しみに。


本内容は、月刊「幸福の科学」第392号より転載し、編集を加えたものです。

大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、定期購読もできますので、ぜひご利用ください!

関連動画

開かれた社会―大川隆法総裁 心の指針234―

開かれた社会―大川隆法総裁 心の指針234―

現代の知識人には、霊魂や霊界の存在を伝える、哲学者プラトンが、人間を迷信の殻に閉じ込める暴君に、見えてしかたないらしい。また、プラトンとともに、神への体系を築こうとする哲学者ヘーゲルも、全体主義に見え...

悟りの奥義―大川隆法総裁 心の指針233―

悟りの奥義―大川隆法総裁 心の指針233―

ある人が、「悟りの奥義」を教えてほしいと、夢の中で訊ねてきた。それが判らないから、仏教学も、哲学も、二千五百年間、ガラクタの山を築いてきたのに。

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

どうやったら、人の仕事能力が測れるのか。結構、難しい問題だ。

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様も実は困っているのだ。貴族制を維持すると、怠け者が増え、堕落する者が満ち、「色」「金」「欲」で、この世に執着する者が増える。

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

若い頃は、他人と自分とを比べて、その違いに苦しむことが多かった。たいていは、他人が優れてみえて、自分の劣ったところばかり気にしたものだ。

PICK UP

『小説 揺らぎ』大川隆法書き下ろし小説
『小説 とっちめてやらなくちゃ-タイム・トラベラー「宇高美佐の手記」』大川隆法書き下ろし小説
『十年目の君・十年目の恋』(作詞・作曲:大川隆法)