守護霊がいるのに、うまくいかないのはなぜ?【霊的世界のほんとうの話】

Q.守護霊がいるのに、うまくいかないのはなぜですか?

A.守護霊は「教官役」。選んで、決めて、人生を生きる主体は私たち自身です。

守護霊は日々あなたを見守っている

あの世の話をして、「みなさん一人ひとりには、守護霊という存在がついていて、彼らがみなさんを見守っているのですよ」と話したら、信仰心のない人はすぐに言い返してきます。「守護霊がついているのに、どうして俺はこんなに不幸なんだ」「どうして事業に失敗するのだ」「どうしてお金が儲からないのだ」「どうして家族が病気で死んだのだ。おかしいではないか」と言います。「守護霊がいるなら、ちゃんと護ってくれるはずなのに、護ってくれないではないか。だから信じられない」と言う人がいるのです。しかし、私はずっと見てきましたが、守護霊は、ほんとうに、みなさんの生き方を、毎日毎日、見守っていて、一緒に喜んだり悲しんだりしているのです。

守護霊は、あくまでも指導教官役。ハンドルを握るのはあなた

守護霊がいるのにうまくいかないのは〜

ただ、原則というものがあって、この世に肉体を持って生活している魂には、その人の今世の魂修行がありますから、あくまでも主体性は地上の人にあるのです。ほんとうに、バックシート・ドライバーのように後ろに乗っていて、「あっちに行きなさい。こっちに行きなさい」と指図はしているのだけれども、自分がハンドルを握って運転してはいけないのです。それは、例えば自動車教習所では、教官が横に座っていて、危ないときにはブレーキを踏んだりするけれども、教官が自らハンドルをとって運転するわけにはいかないのと同じです。それでは指導にならないわけです。そういうところがあります。これは、この世とあの世では修行場所が違っている以上、やむをえない原則なのです。したがって、これは受け入れざるをえません。ただ、みなさんには、「危機のときには、それを知らせて、いい方向に善導しよう」といつも思っている人(守護霊)がいることは、信じていただきたいと思います。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part2-Chapter3「一人ぼっちで生きているわけではない」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

関連記事

インスピレーションの本質は守護霊による導き 夢をかなえる潜在意識のコントロールとは?【天使のモーニングコール】

インスピレーションの本質は守護霊による導き 夢をかなえる潜在意識のコントロールとは?

ラジオ番組「天使のモーニングコール」は、1991年10月の放送開始以来、数多くのリスナーに愛されてきました。毎週、家庭や仕事…続きを読む