不幸続きなのは先祖の影響?【霊的世界のほんとうの話】

Q.不幸続きなのは先祖が迷っているせいですか?

A.不幸の原因は先祖ではなく、不幸を呼び込む心の状態にあります。

不幸の原因は、迷った先祖霊にあるわけではない

「あなたが、現在、不幸なのは、あなたの先祖が救われていないからだ」という論理があります。「あなたの何代前の先祖が救われていないから、今あなたは不幸なのだ」「あなたが不幸なのは、その原因をあなたがつくったからではなく、先祖に原因がある」という言い方をする宗教が数多くあります。たしかに、亡くなった両親あるいは祖父母、それより先の人が迷っていて、生きている人にすがってきていることは、現実にあります。そうした霊障による不幸も、ないわけではありません。 しかし、根本的には、地上に生きている人間の心にこそ責任があるのであり、それによって本人の幸・不幸は現れてくるのです。たとえ迷っている先祖霊がいたとしても、本人が地獄に堕ちる理由は本人の生き方にあるのであり、迷った先祖霊にあるわけではないのです。

まず、自分自身の心を自分で救う

不幸続きなのは~

本人が地獄的な生き方をしているからこそ、波長同通の法則※で、迷った先祖霊が取り憑いているのです。そして、同じく苦しみを分かち合っているというか、同病相苦しんでいるわけです。すなわち、そのようなものが憑いているから自分が不幸なのではなく、自分がそういう不幸な心を持っているからこそ、そのようなものを呼び込んでいるのです。 先祖供養も非常に大事なものですが、あくまでも、その出発点は自己責任の原則であり、死者を救う前に、まず、生者、生きている者を救わないといけません。要するに、自分自身の心を自分で救わないと、救ってくれる人はいないのです。まず自分が幸福な明るい光を出してこそ、迷っている先祖をも救うことができるのです。 ところが、自分も真っ逆さまに地獄に堕ちるような人であって、自分の不幸の責任を家族や先代のせいにしていては、決して幸福になれるものではないのです。この辺を間違ってはなりません。このように、「あくまでも自己責任が原則である」ということを知ってください。

※波長同通の法則:「心の波長、心の状態が似ていると、お互いに引きつけ合う」という法則。



あの世のことがよくわかる!

『霊的世界のほんとうの話。』

『霊的世界のほんとうの話。』(大川隆法著/幸福の科学出版)

「人間は死んだらどうなるの?」「神さまがいるのに、なぜ悪がなくならないの?」など、素朴な疑問に答えるスピリチュアル入門の決定版。霊的な知識がわかりやすく網羅されています。この記事は同書Part3-Chapter1「あの世の諸霊が救われる、ほんとうの供養とは」を元に作成しました。

Amazonで購入する
幸福の科学出版で購入する

PICK UP

幸福の科学グループ紹介
全国で数多くの議員が活躍しています【幸福実現党】
幸福実現党党首・釈量子が命を懸ける理由