『江戸の三大閻魔大王の霊言 —「あの世の裁判官」の真実に迫る—』(大川隆法 著)6/2(木) 発刊

『江戸の三大閻魔大王の霊言—「あの世の裁判官」の真実に迫る—』(大川隆法 著)

知らなかったでは済まされない
教わらなかったでは許されない

閻魔大王は実在した。
あなたも死んだら、"厳しく"裁かれる。

浅草、新宿、そして巣鴨——
その地を管轄する閻魔大王とは、どのような存在なのか。
その役割から魂のルーツ、そして死後の行先を決めるお裁きの判定基準まで......。
現代人のうぬぼれを叩き潰す"怖い"真実が明らかに。

<江戸の東閻魔大王—浅草—>
〇現世利益だけを求める信仰心は許さない
〇閻魔大王と鬼、そして死神の関係性とは
〇霊的覚醒の地「シャンバラ」との意外な関係とは

<江戸の中央閻魔大王—新宿—>
〇"グレーゾーン"は許さない価値観
〇信長、秀吉、家康の功罪と死後の裁き
〇鎌倉の武士の時代を背後から指導した
〇閻魔大王は警視総監であり執行官の役割

<巣鴨の閻魔大王>
〇「年寄りの原宿」を管轄する閻魔の正体

【関連書籍】