プーチン悪玉論は本当?中東諸国はウクライナ問題をどう見ているのか?【ザ・ファクト「新・よくわかる中東問題」】

ロシアによるウクライナ侵攻から1か月が経過した。今、世界的に「プーチン大統領は悪」、「ゼレンスキ―大統領は英雄」という報道が西側諸国を中心になされているが、中東諸国側の視点から見た場合、必ずしもそのような構図では捉えられていない。日本ではあまり報じられることはないが、かつての親米国だったサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)といった国々が、ウクライナ侵攻をキッカケに、アメリカから離れ中国・ロシアと急接近しているというのだ。今回のザ・ファクトは中東専門家の佐々木良昭氏をゲストに迎え、中東諸国の視点からロシアのウクライナ侵攻を俯瞰する。

00:00 オープニング
00:38 中東諸国はロシアのウクライナ侵攻をどう見ているのか?
04:28 米ソ冷戦時代に逆戻りする中東
08:03 冷戦思考のバイデン大統領、トランプ大統領の考え方の違い
11:21 ウクライナ支援の違いに不満を募らせる中東・アフリカ諸国
12:40 そもそもロシアがウクライナへ侵攻の発端は…
13:50 中東で起きている新たな火種「食糧危機」
16:03 佐々木氏はゼレンスキ―大統領をどう見ているか
17:10 プーチンとゼレンスキーの本心が語られた守護霊霊言、佐々木氏はどう読み解く?
18:05 「プーチン=悪」「ウクライナ=被害者」の見方は本当なのか?

<出演>
佐々木良昭 氏(中東専門家)
1947年生まれ。国立リビア大学修了。アルカバス紙(クウェート)東京特派員、在日リビア大使館渉外担当、大学教授やシンクタンクの研究員などを歴任。
トルコのエルドアン大統領やリビアのカダフィ大佐、PLOのアラファト議長らとも親交があった。
中東TODAY(https://blog.canpan.info/jig/)

城取良太 氏(幸福実現党広報本部)
HS政経塾第1期生。HS政経塾在籍時に中東問題を専攻。エジプトのカイロアメリカン大学に留学し アラビア語の学習と民主革命後のエジプト情勢について実地で研究した。
しろとり良太の「素顔の中東」(https://www.youtube.com/channel/UCcj7YaV1f0OIZX-whE4hc-Q)

<ウクライナ関連書籍>
ゼレンスキー大統領の苦悩と中国の野望/大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2773

『ウクライナ侵攻とプーチン大統領の本心』大川隆法著
https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=2763

<シリーズ「新・よくわかる中東問題」>
https://youtube.com/playlist?list=PLF01AwsVyw33OiEDfswg6S-UJEk9f5qYX

アフガンのタリバン復権を3か月前に予測していた中東専門家・佐々木良昭氏インタビュー<抜粋再編集版>【ザ・ファクト「新・よくわかる中東問題」】
https://youtu.be/msNS_mPlpQM

------------------------------------------------------------
◆「THE FACT」登録はこちら/Subscribe↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=theFACTtvChannel
□「THE FACT」公式ページ
https://thefact.jp/
■「THE FACT」Facebookページ
https://ja-jp.facebook.com/thefact777
■「THE FACT」Twitter
https://twitter.com/thefact_tv
------------------------------------------------------------

関連動画

奪われる女性の人権!タリバン政権下のアフガニスタンで「暗躍する中国」と「テロ組織」【ザ・ファクト新・よくわかる中東問題】

奪われる女性の人権!タリバン政権下のアフガニスタンで「暗躍する中国」と「テロ組織」【ザ・ファクト新・よくわかる中東問題】

米軍のアフガニスタン撤退から早くも一年が経過。タリバン政権下で「中国の暗躍」と「テロ組織の台頭」が進んでいるとも言われるが、アフガニスタンで今、何が起こっているのか。今回のザ・ファクトは中東専門家の...

米中露が中東を舞台に一触即発!?『新たな中東勢力関係図』で世界はこうなる【ザ・ファクト「新・よくわかる中東問題」】

米中露が中東を舞台に一触即発!?『新たな中東勢力関係図』で世界はこうなる【ザ・ファクト「新・よくわかる中東問題」】

米国主導で稼働した始めた中東版クアッド「I2U2」。そして、もう一つの国際基軸として中露主体の「新BRICS」構想。さらに、中国主体の上海協力機構にイランが参加表明するなど、中東を舞台に新しい国際勢...

囁かれ始めたアメリカの日本化!危惧される「長期的衰退」とその克服法【ザ・ファクト×The Liberty】

囁かれ始めたアメリカの日本化!危惧される「長期的衰退」とその克服法【ザ・ファクト×The Liberty】

アメリカは、日本と同様に「長期的衰退」に入りつつあるーー。レーガン政権で経済顧問を務め米経済を繁栄に導いたラッファー博士は、そうした懸念を抱いている。もし米経済の長期的衰退が現実のものとなれば、世界...

数十回にのぼる自殺未遂。生死の狭間で掴んだ 「運命を変える生き方」とは?自殺未遂体験者インタビュー③【ザ・ファクト自殺防止シリーズ】

数十回にのぼる自殺未遂。生死の狭間で掴んだ 「運命を変える生き方」とは?自殺未遂体験者インタビュー③【ザ・ファクト自殺防止シリーズ】

【幸福の科学「自殺防止相談窓口」】◇電話番号 03-5573-7707◇メールアドレス withyou-hs@happy-science.org ◇時間 火曜~土曜[祝日を含む]10:00~18:...

バイデン大統領は「大恐慌」を招くのか?レーガンとトランプの経済参謀ラッファー博士に聞く「インフレ解決法」【ザ・ファクト×The Liberty】

バイデン大統領は「大恐慌」を招くのか?レーガンとトランプの経済参謀ラッファー博士に聞く「インフレ解決法」【ザ・ファクト×The Liberty】

インフレが止まらない―。アメリカのインフレ率は40年ぶりの高水準といわれる9.1%を記録した。なぜアメリカでインフレが起きているのか?その原因はコロナでもなく、ウクライナ紛争でもなく、FRBの「ドル...

PICK UP

映画『呪い返し師―塩子誕生』|特報|2022年秋ロードショー!