痛みに耐える―大川隆法総裁 心の指針229―

(最終更新:

心の指針「痛みに耐える」を深く学ぼう

本指針の理解を深めるためにおすすめしたい、大川隆法総裁の経典をご紹介します。

苦しいことは避けたいと思う方へ

苦難を乗り越えた先にある「喜び」とは

波乱万丈のなかを切り抜けていくとき、魂は光り、喜びが増えていくのです。苦難や困難と対決しているさなかは確かに大変ですが、(中略)人間がひと回りもふた回りも大きくなっていくわけです。(中略)苦悩に引き裂かれそうなときに、それを乗り越えていくことによって、大いなる自信が生まれてくるのです。
(第2章「蓄積の原理」より)

努力を続けることの威力を知りたい方へ

習慣を身につけると、鍛錬が楽しくなる

勉強と運動を両立させながら続けていくことは、大変な意志力を必要とします。(中略)自分を励ましながら鍛えていかなければならないのですが、しだいに、慣性の法則とでも言うべき一種の「習慣の力」が働いてくるようになります。習慣の力によって、努力感を感じることなく楽しんでできるようになってくると、かなりレベルが上がってきたと言えるでしょう。
(第3章「ハングリー精神を失うな」)

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の布教誌月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

関連動画

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

どうやったら、人の仕事能力が測れるのか。結構、難しい問題だ。

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様も実は困っているのだ。貴族制を維持すると、怠け者が増え、堕落する者が満ち、「色」「金」「欲」で、この世に執着する者が増える。

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

若い頃は、他人と自分とを比べて、その違いに苦しむことが多かった。たいていは、他人が優れてみえて、自分の劣ったところばかり気にしたものだ。

性の抑圧―大川隆法総裁 心の指針228―

性の抑圧―大川隆法総裁 心の指針228―

心の指針「性の抑圧」を深く学ぼう 本指針の理解を深めるためにおすすめしたい、大川隆法総裁の経典をご紹介します。 ...

初恋―大川隆法総裁 心の指針227―

初恋―大川隆法総裁 心の指針227―

心の指針「初恋」を深く学ぼう 本指針の理解を深めるためにおすすめしたい、大川隆法総裁の経典をご紹介します。 ...

PICK UP

『小説 揺らぎ』大川隆法書き下ろし小説
『小説 とっちめてやらなくちゃ-タイム・トラベラー「宇高美佐の手記」』大川隆法書き下ろし小説
『十年目の君・十年目の恋』(作詞・作曲:大川隆法)