嫉妬について ―大川隆法総裁 心の指針164―

(最終更新:

今月の「心の指針」では、嫉妬(しっと)の苦しみを乗り越える方法や、人として成長していくことの喜びについて説かれました。誰もが経験する嫉妬心や劣等感を克服するためのポイントを、幸福の科学の地方本部長 丹羽孝行(にわたかゆき)さんに聞きました。

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の小冊子 月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

嫉妬が尊敬に変わったとき

「嫉妬」と聞いて思い出すのは、二十歳のころの出来事です。当時私は、商売を学びたくてスーパーの鮮魚部で働いていました。そこに、厳しい厳しい上司がいたんです。

若くて仕事ができる人で、私に魚のさばき方や接客の仕方を教えてくれるのですが、いちいち厳しいので嫌気がさしました。

(そんな上手いこといかんわ!)

その反発心のなかには、仕事ができる上司への嫉妬もありました。

しかし、長く上司と接するうちに、ふと気づいたんです。(この人の厳しさは、仕事への真剣さなんだ)と。そのように見方が変わると、上司から素直に学ぼうと思えるようになりました。すると、私も仕事力が身についてきて、上司に抱いていた嫌悪(けんお)や嫉妬が、信頼と感謝に変わっていったのです。これは私にとって大きな教訓となりました。

自分自身の成長を目標に

それから十数年後。私は大川隆法総裁の教えに出合い、「嫉妬の相手は自分の理想像。相手を肯定し、努力することで嫉妬を乗り越えられる」と学びました。私自身の体験を振り返っても、「嫉妬する相手から学ぼう」と思えるようになるには、自分の小さなプライドを捨てなければならないので、それ自体が心の修行になるのだと思います。

また、幸福の科学では「人生の目的は魂修行」であり、「死後は、それぞれが自分の心境に合った霊界に還る」という霊的人生観を学びます。これを知ることも、嫉妬の悩みを解決する力になります。

つまり、人生で本当に大切なことは「他人に勝つか負けるか」ではなく、「今の自分を乗り越えられるか」です。人との比較で苦しむ必要はなくて、自分自身の目標を定め、そこに向かって一歩一歩を進めていく。そこに人生の意味も面白みもあるのではないでしょうか。

嫉妬や劣等感に悩む方は数多くおられます。そうした方々の救いとなるためにも、幸福の科学の教えを広く伝えていきたいと思います。

本内容は、月刊「幸福の科学」第378号より転載し、編集を加えたものです。
大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、定期購読もできますので、ぜひご利用ください!

関連動画

開かれた社会―大川隆法総裁 心の指針234―

開かれた社会―大川隆法総裁 心の指針234―

現代の知識人には、霊魂や霊界の存在を伝える、哲学者プラトンが、人間を迷信の殻に閉じ込める暴君に、見えてしかたないらしい。また、プラトンとともに、神への体系を築こうとする哲学者ヘーゲルも、全体主義に見え...

悟りの奥義―大川隆法総裁 心の指針233―

悟りの奥義―大川隆法総裁 心の指針233―

ある人が、「悟りの奥義」を教えてほしいと、夢の中で訊ねてきた。それが判らないから、仏教学も、哲学も、二千五百年間、ガラクタの山を築いてきたのに。

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

上げてみて、下げてみて―大川隆法総裁 心の指針232―

どうやったら、人の仕事能力が測れるのか。結構、難しい問題だ。

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様の悩み―大川隆法総裁 心の指針231―

神様も実は困っているのだ。貴族制を維持すると、怠け者が増え、堕落する者が満ち、「色」「金」「欲」で、この世に執着する者が増える。

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

人に違いがあるということ―大川隆法総裁 心の指針230―

若い頃は、他人と自分とを比べて、その違いに苦しむことが多かった。たいていは、他人が優れてみえて、自分の劣ったところばかり気にしたものだ。

PICK UP

『小説 揺らぎ』大川隆法書き下ろし小説
『小説 とっちめてやらなくちゃ-タイム・トラベラー「宇高美佐の手記」』大川隆法書き下ろし小説
『十年目の君・十年目の恋』(作詞・作曲:大川隆法)