人間の成長力 ―大川隆法総裁 心の指針170―

大川隆法総裁の書き下ろしである「心の指針」は、幸福の科学の布教誌月刊「幸福の科学」で連載されています。全国の支部でもポスターを掲示しており、幸福の科学の毎月の顔として、世間でも広く知られています。

月刊誌で心の指針を読みたい方は、月刊「幸福の科学」2月号でもご覧いただけます。


今月の「心の指針」では、人間には、過去世のカルマをも乗り越える「成長力」が備わっていると説かれました。支部長や本部長として、信者さんの「成長力」を見てこられた、幸福の科学 西神奈川本部 川井浩美(かわいひろみ)さんにお話を聞きました。

「心の成長」を感じた体験

私は約20年前、近くに住む姑(しゅうとめ)との葛藤を抱えて悩んでいたときに、幸福の科学の教えに出合いました。

当時の私は、家事が苦手で人に頼ってばかりの姑を見て、毎日イライラしていたのです。そんなある日、知人に勧められて大川隆法総裁の著書『不動心』 を初めて読みました。

そこには、「愚痴や不平不満を抱えたままだと、死後、心が暗い世界に通じ、地獄に堕ちてしまう」ということが書かれていて、不思議と、(この教えは真実だ)と感じました。私は、表面上では良い顔をしても、心のなかは不満や悩みでいっぱいだったので、(このままでは地獄行きだ。心を正して、神仏に見られても恥ずかしくない生き方をしよう)と決意したのです。

それからは、大川総裁の教えに照らして「なぜ自分は、姑を嫌っているのか」を客観的に考えて反省したり、自分から姑に優しく接する努力をしたりしながら、幸福の科学の支部活動にも参加しました。

支部では、私とは考え方が違う方とも出会いますし、さまざまな方に伝道していくなかで、相手の幸せを願っても誤解されることもあります。私は、「嫌う側」と「嫌われる側」の両方の苦しみを経験し、それを一つひとつ、心の修行によって乗り越えていきました。すると次第に、いろいろな方を心から愛せるようになり、姑への葛藤も解けたのです。

支部活動での心の器が広がる

私が「人を愛することの喜び」を感じられるようになったのは、支部活動のおかげだと思っています。神仏のお役に立てる支部活動に参加して、天上界からの御光(みひかり)を受けているうちに、自分の悩みが小さく見えたり、いつの間にか解決していたりすることもありました。一人で書籍を読むだけでは、この幸せは味わえなかったと感じています。

支部には、活動を通して成長された方が数多くおられます。そんな一人ひとりの幸福が、家庭や国家、世界の幸福に繋がるので、この教えで未来を希望に満たしていきます。


本内容は、月刊「幸福の科学」第384号より転載し、編集を加えたものです。
大人気の「心の指針」が掲載されている月刊「幸福の科学」は、定期購読 もできますので、ぜひご利用ください!

関連動画

病から復活するパワー―大川隆法総裁 心の指針179―

病から復活するパワー―大川隆法総裁 心の指針179―

たとえ世界から希望が消えたとしても・・・ ―大川隆法総裁 心の指針178―

たとえ世界から希望が消えたとしても・・・ ―大川隆法総裁 心の指針178―

頭はついているか ―大川隆法総裁 心の指針177―

頭はついているか ―大川隆法総裁 心の指針177―

弱さを知る ―大川隆法総裁 心の指針176―

弱さを知る ―大川隆法総裁 心の指針176―

結婚への憧れ ―大川隆法総裁 心の指針175―

結婚への憧れ ―大川隆法総裁 心の指針175―