Q. 会員になったらどんなことをするのですか? 入会後、なにをしたらいいですか。

まずは入会した方へ授与される、幸福の科学の根本経典「真理の言葉『正心法語』」を一日一回、読んでみてください。「真理の言葉『正心法語』」を読んで心を調律させ、感謝の時間を取ることから始めます。そして大川隆法総裁の説く心の教えを学習し、精舎研修などで反省・瞑想を行い、自らの心を磨いていきます。心を高めていくと同時に、例えば「愛」の教えの実践として人に優しくしたり、支部の活動に参加するなどして、地域の幸福化のための活動に取り組んでいきます。
どんなにわずかな時間でもいいので、大川隆法総裁先生の教えを学ぶ時間と、お祈りする時間を持ちましょう。そして、「毎日、何かひとつはいいことをしたり、一歩成長する自分になろう」と意識して、毎日を為していくことです。このポイントを押さえていれば、胸を張って会員であると言えます。

また、ぜひ支部や精舎にお越しください。幸福の科学の職員にお声がけいただければ、質問に答えたり、ご案内させていただきます。

『正心法語』について

正心法語を開いたところ

『正心法語』は、入会した方へ授与される、幸福の科学の根本経典です。

※ 入会者に授与される『入会版 正心法語』には「真理の言葉『正心法語』」「主への祈り」「守護・指導霊への祈り」の3つの経文が収められており、三帰誓願者に授与される『仏説・正心法語』とは所収される経文が異なります。

「真理の言葉『正心法語』」は、幸福の科学において最も大切なお経です。この経文の内容こそが、幸福の科学の教えの“核心“であり、人間が知るべき最も大切な真理であるとも言えます。有名な「法華経(ほけきょう)」や「般若心経(はんにゃしんぎょう)」などは、お釈迦さまの教えを後世の人が編纂・翻訳したものですが、『正心法語』は、釈尊(仏陀)の啓示によって自動書記で書かれた経文であり、言霊・霊力が非常に強く、伝統的なお経を読むことに比べて、1万倍以上もの効果・功徳があると言われています。『正心法語』を読誦(どくじゅ)することで、仏の光が降りそそぎ、心が清められていきます。

※会員限定ページとして、正心法語の読み方(動画あり)などを解説したページをご用意しています。

信仰生活について

信仰生活.jpg 16:9

信仰生活の基本は、『正心法語』を読み(祈り)、仏法真理を学び(教学)、自らの心を振り返る(反省)ことです。

『正心法語』の内容は、幸福の科学のすべての教えの中心です。読誦(どくじゅ)する習慣があると『正心法語』の言魂によって光が射しこみ、人生が好転していきます。また、『正心法語』の教えに恥じない生き方をしているだろうかと、日々を振り返っていきましょう。

教学の基本は、大川総裁の法話を聴くこと、経典(大川隆法総裁の書籍)を読むことです。まず、仏法真理の知識を学ぶこと。そして、その知識を、実体験をふまえて「智慧」に変えていくこと。こうして仏法真理を学ぶことで、悩みを解決する力が身につき、正しい生き方ができるようになります

間違いを犯してしまったならば、反省することで消しゴムのように過ちを消すことができます。私たちは本来、天上界で霊として生活していた存在です。反省に加え、瞑想という方法も用いながら心を整え、本来の自己を取り戻しましょう。
※会員限定ページとして、祈り教学反省の実践方法を紹介したページをご用意しています。

信仰生活サポートのためのご連絡について

週刊HSニュース

また、入会された方には次のようなご連絡をしています。

◆登録されたメールアドレスへ「幸福の科学ガイダンスメール」をお届けします。(1日1回、5日間)

◆最寄りの幸福の科学の支部から信仰生活についてサポートをさせていただきます。ガイダンスメールで分からなかった点を聞いてみる、支部で開催される行事に参加してみるなど、積極的に支部活動にご参加ください。

※支部からのご連絡方法についてご希望がある方は、入会時にその旨をお知らせください。

◆公式メールマガジン「本日の格言」(毎朝8時)、「HSニュースplus」(月3~4回程度)を配信しています。

なお、ガイダンスメールの配信は、入会申込書に記載されたメールアドレス(ネット入会の方は、ネット入会時に登録されたメールアドレス)にお届けしています。当サイトの会員限定ページでも全文を掲載しています。

公式メールマガジンの配信が不要な方は、お受け取りになったメールマガジン本文の末尾より解除できます。

PICK UP

幸福の科学グループ紹介
「世界から希望が消えたなら。」【10月18日全国ロードショー】