幸福実現党党首インタビュー 皆さまと日本の幸せを守りたい

2019.05.07

「自由」「民主」「信仰」が幸福実現のキーワード

中国の覇権拡大や未解決の北朝鮮の核ミサイル問題で、アジアの緊張が高まっています。今後、平和で繁栄した世界をつくるために、日本はどのように国民の幸福を守り、国際社会でのかじ取りをすべきなのか―。幸福実現党 釈量子 党首に聞きました。

消費増税で年収が激減

日々、幸福実現党に温かいご支援をいただき、心より感謝申し上げます。

皆さま、消費税が5%から8%に引き上げられてから、お財布のひもがキツくなっていませんか?

消費増税の結果、家計の支出は年34万円も減り、企業の売り上げが落ちました。それによって、国民のお給料は、年21万円も減っています※。

そうやって、国は強制的に国民から所得を〝巻き上げ〞、福祉という名目でバラまいています。教育の無償化にしても、必要のないご家庭にまで一律にバラまくのは、税金のムダ遣(づか)いでしかありません。私たちの税金が、政治家の人気取りに使われていることに、憤(いきどお)りを感じています。

国民に「働く自由」を!

皆さまご存知の通り、幸福実現党は宗教政党です。宗教というと、「教えや戒律で縛(しば)られる」という不自由なイメージを持つ方もおられるかもしれません。しかし、多くの皆さまのお声を伺(うかが)うなかで、「むしろ現在の政治のほうが、不自由な世の中をつくっている」と実感しています。

例えば、安倍政権の「働き方改革」。残業が禁止されて収入が減った方々が、「頼むから残業させてくれ」と訴えておられます。こうしたことまで政府が〝平等〞に縛るべきではありません。

日本には「平等」をよしとする風潮がありますが、それがゆきすぎると、極端な「格差是正」や、「結果の平等」となり、結果的に「貧しさ」が広がってしまうのです。すると、「努力して豊かになろう」という気持ちが失われ、国家は衰退に向かいます。

ですから私たちは、国民が貧しくなる「平等」ではなく、誰もが成功に向けて挑戦できる自由としての「チャンスの平等」を推(お)し進めます。

中国の弾圧を止(とど)める 「自由・民主・信仰」

そのように、幸福実現党は日本を繁栄させていく政策を掲げていますが、さらに「中国の問題」について考える必要があります。

中国は、軍事力で覇権を広げ、知的財産の収奪や、人権弾圧を行っています。特に、チベットやウイグルの人々に対して、唯物論・無神論の中国共産党が行っている痛ましい人権弾圧は、許されるものではありません。

私たちは、人間は「神の子、仏の子」である尊い存在だと考えています。ですから、人間の自由が奪われ、不幸にされている状況を絶対に放ってはおけないのです。

日本は、アメリカをはじめ、「自由・民主・信仰」といった普遍的な価値観を大切にする国々との絆(きずな)を強めつつ、中国の覇権を止(や)めさせなければなりません。

もう、既存の政党に頼っても、日本は変わらないということが、どなたの目にも明らかになっているのではないでしょうか。私たちは、皆さまと日本の幸福を実現します。ぜひ、私たちに希望を託していただきたいと思います。

台湾の自由を護り、中国は民主化せよ!大川隆法総裁 最新刊