夫への怒りのおさめ方【ハピママしあわせ相談室 Vol.5】

(最終更新:

幸福の科学で活躍する子育て経験豊富な回答者が、子育ての悩みをもつお母さんたちから寄せられた質問にお答えします。

<今回の悩み>

「主人に子育てを手伝ってもらえなかったことの恨み心が、今も芋づる式にわいてきます。この恨み心を、どうしたらいいでしょうか?」(東京都・1児の母)



<幼児教育エンゼルプランV 奥田敬子さんの回答>

◆「私が言う前にわかって」は男性には難しい

今でもまだ1歳になるくらいまでの「やってもらえなかった」ことの心のトゲが抜けないというのが、今日のお話のポイントですね。

これにはまず、男と女は全然違う星から生まれてきてるんだ、と理解されるのがいいかと思います。

女性は、「え?同じ人間でしょ?どうして私の大変さをわかってくれないの」「私が言葉で言う前に、察してほしいわ」と思う傾向にあります。ところが男性には、それはなかなか難しい。逆に男性は「言ってくれれば動ける。でも言ってくれないので、どうしていいかわからない」という傾向があるのかなと思います。


◆女性は感情付き、男性は事象として記憶する

次に、もう今は何でもご主人に言えるのに、過去のことを思うと、芋づる式に「ああだった、こうだった」という感情が出てくるとおっしゃいました。それは、もう本当にありがちなことです。

ここが、男性と女性の記憶の仕方の違うところです。

女性はその時の「感情」を、カプセルにしまって、カプセルごと記憶していくのです。そして、そのずっと連なっている「感情の記憶」が、たった一つの嫌な出来事で、「あ、まただ」と反応し、タタタッと導火線に火が付くように、過去のこともずっと思い出してしまいます。

ところが男性というのは、事象、客観的な出来事として記憶するんですね。客観的ではないにしても、出来事を記憶していって、感情までは付随していないんです。

ですから男性は、「奥さんに叱られたとき、よく過去のことを引き合いに出されるんだよね。今のことを叱られるんだったらまだわかるんだけど、『そういえばあなたは1週間も、1カ月前も、5年前も10年前も・・・』といって、どんどん愚痴やお説教が長くなるんだよね」とおっしゃいます。

◆女性の側からの解決への道

これは、男性の側にも解決すべき努力は必要です。でも、女性の側からの解決の努力としては、まず「自分はそういうふうに感情まで思い出して爆発させてしまうんだ」ということを知っておくこと。知った上で、「それはいやだな」とする。なぜかといえば、自分が怒っている時は気がつかないものですが、他人が「そういえばあなた、1年前も、5年前も・・・」と言っている姿を見ると、「あれ、やだなあ」と思うはずですから。

これは、子供を育てるのも一緒です。気持ちよく、スパッとその場で教えてあげる。叱ったりお説教をするのではなく、教えてあげるといいですね。なぜかというと、芋づる式の感情を引っ張りだして感情に任せても、決して幸せにはなれないからです。

今日は奥様の側からのご質問だったので、奥様ができる自分の感情のコントロール方法をお伝えいたしました。

幸福の科学グループのさまざまな活動

【おすすめ書籍】

「あげまん偏差値」をアップさせるとっておきのヒント

これから結婚したいあなたも、家庭をまもる主婦も、社会で活躍するキャリア女性も、パートナーを成功させる「繁栄の女神」になれる! 夫に悩みを聞いてほしい、仕事が忙しくてストレスフル、子育てに関して悩みがある、そんな方におすすめです。

関連動画

「子どもたちの個性がバラバラで困っています」個性を愛する「夏のうた」神様がイロトリドリでいいって言ったんだ!【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

「子どもたちの個性がバラバラで困っています」個性を愛する「夏のうた」神様がイロトリドリでいいって言ったんだ!【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

【本日の質問】「子どもたちの個性がバラバラで困っています」 兄弟がたくさんいると、個性がバラバラで、その違いに悩んでいるママもたくさんいらっしゃいます。そんなママにおすすめなのが「夏のうた」です。...

イヤイヤ期を乗り切る応援歌「じじょろんで行こうよ」【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

イヤイヤ期を乗り切る応援歌「じじょろんで行こうよ」【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

【本日の質問】「イヤイヤ期で毎日大変です。どう乗り越えたらいいでしょうか?」 子育てで必ずぶつかる「イヤイヤ期」。これも、こどもの順調な成長、自立に向けての第一歩です。 ただ、「自分でできるよう...

子どもは神の子、元気な子!病気がち、繊細な子を心も身体も強い子に育てるには?【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

子どもは神の子、元気な子!病気がち、繊細な子を心も身体も強い子に育てるには?【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

【本日の質問】「病気がち繊細な子どもを上手に育てるには?」 「うちの子、病気がちなんです」「何かあったらすぐ泣いちゃう…」「コロナウィルスがこわーい、っていうんです」 そんな子には「ニンニクマン...

子どものしつけに迷って上手に叱れないパパ・ママは、「草津の赤鬼さん」から「毅然とした善悪」を学ぼう【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

子どものしつけに迷って上手に叱れないパパ・ママは、「草津の赤鬼さん」から「毅然とした善悪」を学ぼう【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

【本日の質問】「どうしたら子どもを上手に叱れますか?」 子育てのお悩みで一番多いのが、「上手な子どもの叱り方」。 感情的にガミガミ叱ってしまったり、時には手を挙げてしまって、後悔…なんてこともし...

食べ物の「好き・嫌い」がはっきりしている子に、ご飯を食べてもらうには?「あたりまえ」から「ありがとう」の心に変わろう【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

食べ物の「好き・嫌い」がはっきりしている子に、ご飯を食べてもらうには?「あたりまえ」から「ありがとう」の心に変わろう【お歌と絵本でお悩み解決!子どもを天使に育てよう】

【本日の質問】「食べ物の好き嫌いが多くて心配です…。」 パパ・ママは、子どもに心も身体も、スクスク育ってほしいのに、子どもの食べ物の好き嫌いが多いと、心配になってしまいますよね。 幸福の科学 幼...

PICK UP

映画『呪い返し師―塩子誕生』|特報|2022年秋ロードショー!