生霊とは何ですか? 生霊の原因と祓い方

Q. 生霊とは何ですか?

A. 本人の守護霊に、本人自身の強い「念(おも)い」が合体したものです。

生霊が取り憑いて不幸や病気が起きることもある

「生霊(いきりょう)」といわれるものの正体は何かというと、本人の守護霊に、地上に生きている本人自身の念(おも)いが合体したものです。特定の相手に執着し、心のなかで相手を攻撃したり嫌ったりして、「クビにしたい」「どこかに飛ばしてしまいたい」「死んでしまえ」などというような念いを持っていると、その念いが相手のところに行き、ペタッとへばりつきます。これが生霊です。
平安時代の文献などには「生霊が来て、取り憑いている」という話がよく出てきますが、現在においても、生霊はやはり存在し、生霊現象は実際にあるのです。生きている人間から、悪意を放射される。あるいは恨まれる。あるいは失脚を願われる。こういうことをされると、生霊が取り憑いて、心がとても悲観的になり、実際に(不幸を願っている)相手を喜ばせるような現象が起きてくることがありますし、病気になってしまうこともあります。

生霊と呪いは本当に存在する

地獄の方程式

平安時代の人は、陰陽師を呼んできて、よく病気治しをしていました。当時の文献には、「生霊が来て、取り憑いている」という話がよく出てくるのですが、現在の時点で、私の感触を述べると、「生霊は、やはり存在する。そういう現象は、実際にある」と言わざるをえないのです。

「生霊」と言われるものの正体は何かというと、本人の守護霊でもありますが、それだけではありません。守護霊に本人自身の強い念いが合体しています。守護霊と、本人自身の念、つまり、地上に生きている人の念いが合体して、グワーッとやってくるのです。

特定の相手に執着し、相手に対して、攻撃する念いや嫌う念い、「クビにしたい」「どこかに飛ばしてしまいたい」「死んでしまえ」などというような念いを持っていると、それが、相手のところに行き、ペタッとへばりつきます。そのようにして、相手に病変が現れてくるケースは多いのです。

そのため、これを取らなくてはいけないわけですが、当時、それは陰陽師の仕事でした。その意味で、昔、陰陽師は医者の役も果たしていたのです。

そういう呪いは現実にありますし、その呪いに対し、「呪い返し」をして、呪ってきた相手に返してしまうことも行われていたようです。

生霊が発生する原因とは?

生霊が発生してしまう原因として、人間関係のトラブルが理由であることも多いのです。生霊になってしまっている本人が表面意識では気づいていなくても、潜在意識で思っていることや、苦しんでいる本心の部分が前面に出て、相手に憑いてしまうのです。

生霊の祓い方、あるいは生霊を跳ね返す方法とは?

そのため、生霊を祓う、あるいは生霊を跳ね返すには、現実の人間関係や仕事などで発生した問題をすみやかに解決することも大切ですし、また、自分の心を清くし、美しくし、鏡のようなきれいな心でもって、その「悪意」や「呪い」をかわしてしまうことも大事です。

関連記事

参考文献

PICK UP

「世界から希望が消えたなら。」【10月18日全国ロードショー】
「光り合う生命。―心に寄り添う。2―」【8月30日全国ロードショー】
幸福の科学グループ紹介