法話「減量の経済学—やらなくてよい仕事はするな—」を公開!(11/12~)

所要時間:約110分〔前半55分+後半55分〕
公開期間:21/11/12~
場所:精舎, 支部, 拠点, 布教所, 海外

なぜ、今、「減量の経済学」が必要なのか?仕事、勉強、家計、行政の中の「無駄」を考えよう!

この度、大川総裁より法話「減量の経済学—やらなくてよい仕事はするな—」が説かれました。

社会主義的政策や機械化などによって、人々が「隷従(れいじゅう)への道」をたどりつつある日本の現状の中で、デフレ下でも成長する社会をつくる道筋や、自由意志や勤勉哲学の大切さ、様々な「無駄」について言及された本法話は、政治・経済に関心のある方、経営者・ビジネスパーソン、教育関係者などにお勧めです。

【POINT】

◆ 二宮尊徳の「湯船」の喩(たと)えに学ぶ2つの教訓とは。
◆ 自由意志を失ったら繁栄はない!国民全体が奴隷化される危険性について。
◆ コロナ・ウィルス「ワクチン」の、何が問題なのか。
◆ 「機械化」「オートメーション化」が、経済に与える影響について。
◆ デフレ下でも経済を成長させるための「○○革命」とは。
◆ 幸福の科学の経典、CD、DVDは聖なるもの。拝受する重要性がわかります。

【参加者の声】

・本法話を自分に当てはめて考えると、仕事や生活の中にまだ気づいていない「無駄」が相当あるのではないか、とハッとさせられました。(50代男性)

【関連書籍】

【拝聴方法】

公開された法話・霊言・リーディング等は、全国の幸福の科学で拝聴できます。拝聴希望の法話名と公開場所を確認のうえ、お近くの精舎・支部・拠点にお問い合わせください。